2019年08月30日

朝日毎日社会党、キムチ色した高野連

怒髪天を突くとは、コレか。数日前、U-18杯大会で渡韓する日本代表チームが、日の丸を外した無地のポロシャツを着用すると聞き、ドラゴンボールの孫悟空みたいに髪の毛が逆立った。

日本高野連の事務局長なる男は、高校球児の安全を考慮したと説明し、日韓関係悪化の中、「韓国人を刺激したくない」とフザケた台詞を吐く。怒りで身体中の血が逆流し、目の前が暗くなる。

冗談じゃないぞ、馬鹿野郎!敵国の国民感情に配慮して、自国民のプライドを踏みにじるとは、何たる暴挙だ。胸の国旗を外せば、国を代表する資格はない。この単純な理屈も分からないのか。

そもそも、大事な選手の身に危険が及ぶと判断したなら、なぜ、即座に参加を辞退しなかったか。反日で盛り上がる韓国の異常さを目の当たりにすれば、ドタキャンしたところで誰も驚かない。

つまる所、彼らは危険を察知しながら、平然と若者たちを敵地に送り込み、国旗を排除して、わが国の栄誉と威信を著しく傷つけたのだ。高野連なる組織は、国賊以外の何者でもない。

もっとも、さすがに世間が猛反発したため、関係者もこりゃマズイと慌てたか、翌日になって、テレ朝ニュースが「球児たちは『日の丸』を背負って戦います」と報じた。

記事を読むと、「今後は試合外で着用するポロシャツは、日の丸が入ったものを使用する他、試合では従来通り、日の丸のユニフォームでプレーします」とある。・・・うん?何だ、そりゃ?

わざわざ「日の丸のユニフォームでプレイ」と断るところを見ると、もしや、このクズどもめ、当初は選手たちに無地のユニフォームを着せるつもりだったのか?

昨秋、旭日旗の掲揚自粛を韓国から執拗に求められ、日本政府が軍艦派遣を見送った経緯を思い出すがいい。相手にどんな事情があれ、国を代表する者が「無国籍」を装うなど、絶対にあり得ない。

国際大会の舞台に登場する以上は、コレぞニッポン、と一目で分かる衣装を身にまとうのが当然。例えば、代表チームのユニフォームはこんなデザインで如何だろう。


japanese baseball uniform 2.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:30| Comment(77) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

韓国への渡航禁止措置で女性を守れ!

NHKが日韓関係についての街頭インタビューと称して、「関係悪化のニュースは多いが、市民は関係ない。早く関係改善してほしいし、韓国に旅行したい」などと、嘘臭い声を紹介する。

韓国語を学ぶ女子高校生は、「国は国で私たちは私たちであり、国民同士が仲良くやっていけばいい」と話したとか。履修する外国語の選定が狂っているせいか、随分薄気味悪い意見を吐く。

更に、韓流アイドルグッズを扱う店を訪れる日本人客から、関係改善を願う声が相次いで聞かれたと報じるので、さすがにヘンだな?と感じたら、何とインタビューの場所は、大阪の鶴橋だ。

先日もTBSが似たような市民の声を伝えていたが、新大久保からのリポートだった。今時、どんなミーハー相手でも、「韓国に旅行したい」なんて、普通の街で聞ける台詞じゃないんだろうねw

と思ったが、いやいや、そうでもないらしい。無鉄砲か、飛んで火にいる夏の虫か。この環境下で、ソウルに旅行しちゃう若い女性たちが実際にいる、と知って仰天する。

数日前、気の毒にも、かの地で災難に会った一人、みゆりんさんなる可愛いお嬢さんは、自身の体験をこうツイートした。

「韓国で韓国人にナンパされて無視し続けたら急に怒ってきて友達が迷惑です。と言ったらずっと付きまとわれて暴言言われ続け日本と韓国の差別用語を永遠に言われ続けた結果何かあったら怖いなと思い動画を撮ったらいきなり走ってきて髪の毛引っ張られて暴行されました。韓国治安悪すぎて無理」(原文ママ)

身の危険を感じた同行の友人が、必死で撮影した動画を公開したので、ネットで話題となって韓国にも伝わり、35歳の男が警察で取調べを受けた。但し、犯人は開き直り、こう反論したと云う。

「最初から私をからかうようにして後ろから撮った。『鏡を見ろ』と悪口を云われた。女性の髪の毛を引っ張ったのは事実だが、絶対に殴ったり暴行した事実はない」

加えて「日本の女性に謝罪し、和解もした」と余計な嘘までつき、「動画や写真は意図的に加工されたモノ」と事件自体が捏造だと主張し始めて、被害者面を決め込む。その屑っぷりに呆れる。

世に中には「韓国人男性は愛情表現が巧みで、礼儀正しく、女性の扱いが丁寧で、心優しい」と信じ込む日本人女性もいるらしいが、そりゃ、マスゴミが拡散した妄想説に過ぎない。


korean violence.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 16:16| Comment(97) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

煽り外交の天才

たまたま高速道路で出会ったくらいで、グーパンで殴られたんじゃ堪らない。ニュースを見て、多くの人がそう感じたのだろう。ドライブレコーダーが俄かにバカ売れしていると聞く。

常磐自動車道における煽り運転と暴行傷害で逮捕された容疑者は、まさに狂犬で、あんな奴がハンドルを握っているのかと思うと、ゾッとする。道路上の出来事を全て録画して、自衛するしかない。

怖いのは、繰り返し報道される凶行の場面から、犯人の動機が全く掴めないことだ。運転中に突如として発狂し、暴走し、無辜のドライバーに嫌がらせを重ね、恫喝し、果ては殴りかかる。

犯人は明らかに激昂しているが、理由は分からない。奇妙なことに、自分こそが煽られた被害者だと訴えているらしいが、そんな事実は見当たらない。典型的な被害妄想の症状だ。

身分不相応な高級外車を次々と乗り回しているから、虚栄心が人一倍強い筈で、実は深刻な劣等感に苛まれているのかも知れない。己に自信がないから、虚勢を張っているのだろう。

心理学者によれば、大声で戯言を喚いて相手を威嚇するのは、動物のマウンティングに近いそうだ。背伸びしてでも自分が優位に立ちたい、場をコントロールしたいと云う欲望の表れでもある。

こんな奴には良心も常識もない。遵法精神などある筈もなく、感情に囚われて法律や決め事をハナから無視するタイプだ。社会におけるトラブルメーカー以外の何者でもない。

と、ここまで書いて、ふと南鮮を思う。ニュースに登場する宮崎容疑者が、どうしても文在寅に見えてしまう。ガラケーで被害者を撮影する連れの女は、外相の康京和にも似る。


moon aori unten.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:07| Comment(140) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

れいわ新撰組の日本焦土作戦

共同通信が8月18日付で世論調査の結果を発表し、れいわ新選組の政党支持率が先月の調査から倍増して4.3%となり、野党では立憲民主党に次ぎ、共産党に並んだと報じる。

数日前の時事通信による調査では、れいわの支持率は僅か 1.0%だし、今月初旬のFNNとの合同調査結果は1.6%だったと産経新聞が書く。各社の調査方法が違うのか、随分と数値に開きがある。

故に支持率自体は当てにはならないが、共同の記事を報道各社が転載し、れいわ新撰組の躍進を印象付ける。もう泡沫政党とは呼ばせないぞ!、みたいなメディアの気迫を感じる。

但し、仮に共同の調査結果通り、4%が正しいなら、選挙民 25人に 1人がれいわ新撰組を支持している事になる。えええ!?ホントかあ〜?と首を捻りたくなってしまう。

参院選の「特定枠」なる奇妙な制度を利用して、二人の立候補者を当選させたものの、同党には然したる実態も支持基盤もない。あの選挙だって、党首の山本太郎氏が個人票を集めただけだ。

同氏が俳優・タレントとして人気者であったにせよ、真っ当な政治家として期待出来る人物ではない。極左テロ集団の中核派から堂々と支援を受けているだけで、充分に怪しい。

震災の被災地を「ベクれてる」と嘲笑して、妄想の原発被害を喧伝するかと思えば、TV番組で「竹島は韓国に上げてしまえ」と暴言を吐き、常識的な日本国民を怒らせ、呆れさせる。

さらには、北朝鮮の核実験に抗議する決議の採決を棄権するなど、どう見ても、自身は朝鮮系パヨクの一員だろう。実際、暴力的な不貞鮮人集団が同氏周辺に出没中との噂もある。

気付けば、架空の人気で注目度を強引に高める遣り方は、K-popの宣伝にも似る。メディアが勢揃いでブームをでっち上げ、山本&れいわ新撰組をスターに仕立てようとの下心が透けて見える。

ナンチャラ民主党など野党の退潮著しい昨今、与党の対抗馬として核が欲しいのは分かるが、山本氏を将来の首相候補として持ち上げるあたり、ソレだけ反日勢力が追い詰められている証左か。


reiwa shinsengumi.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:15| Comment(30) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

戦没者追悼式の「深い反省」

昨8月15日、恒例の戦没者追悼式が日本武道館で開催された。国歌斉唱に続き、首相が式辞で哀悼の意を述べた後、1分間の黙祷を経て、天皇陛下が次のお言葉を述べられた。

「本日、『戦没者を追悼し平和を祈念する日』に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

終戦以来七十四年、人々のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、多くの苦難に満ちた国民の歩みを思うとき、誠に感慨深いものがあります。

戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」

上皇陛下が述べられた前例に倣い、平易な表現を用いながら、戦没者に対し深い追悼の意を表し、併せて世界平和と日本の発展を祈り願う。国民にとって、胸に染みる有難いお言葉だ。

ところが、マスゴミは一斉に「天皇が『深い反省』を踏襲した」と、そこだけに焦点を当てて報道する。何やら鬼の首を取ったようでもあり、日本の象徴が反省する姿が愉快で堪らない様子だ。

もっとも、先の大戦を日本による侵略戦争だと糾弾し、謝罪と補償を求める隣国寄りのTVや新聞ゆえ、本音の部分では、陛下が「反省」をお口にされたところで、満足出来ないらしい。

例えば、朝日新聞は安倍首相の式辞に就いて、1993年の細川護熙氏以降、歴代首相が述べてきたアジア諸国への加害責任には一切触れず、反省の弁を述べなかった、と悔しそうに書くw

さて、ここで考えてみたい。天皇陛下の仰る「反省」とは具体的に何を意味するのだろう?一体、何を対象にして、如何なる反省すべきとのお言葉なのか?


senbotsusha tsuitoshiki.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 13:38| Comment(53) | 靖国神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

N国党は受信料を呪うのか?

NHKの政見放送に登場し、当の放送局を批判するシュールな演出で視聴者を笑わせてくれたN国党。参院選で予想外の議席を得た勢いそのまま、何やかやと話題を提供して脚光を浴びる。

「NHKから国民を守る党」と聞いてもピンッと来ないが、即席政党のようでいて、実は代表の立花さんが6年前に設立し、市や区など、地方自治体の議員を幾人も輩出しているそうだ。

今春の統一地方選では30名近くを当選させたから、それなりの政治勢力であることは間違いない。旧来の既成政党にない魅力を感じ、彼らに期待する有権者が結構いるらしい。

但し、N国党は「NHKを視聴しない理由で受信料を支払わない方を全力でサポートします」とのスローガンを掲げ、NHK放送のスクランブル化を提言するのみ。主張はソレ一本だ。

潔いと云えば潔いが、NHK以外の政治課題で、何を考えているのか分からない。受信料制度に不満を持つ国民がいるにせよ、シングルイシューでよく選挙が戦えるものだと半ば驚き、半ば呆れる。

NHKを擁護する訳じゃないが、受信料は年払いで約2万5千円と、別に高額とは云えない。番組の内容だって、地上波もBS共に良質なモノが多い。バカ番組専門の民放より余程マトモだ。

他の有料放送、例えば映画やスポーツが楽しめるWOWOWは、月額約2500円だから、年間計3万円。NHKの2万5千円に目くじら立てる理由があるんだろうか?

また、やろうと思えば、スクランブル化は技術的に可能だろうが、ソレじゃ、NHKは見ないから契約しませんよ、と云う国民が、実際にどれだけいるんだろうか?

聞くところ、代表はじめN国党関係者は、NHK相手の訴訟に多数関わってきたとか。NHK帯域除去フィルターやワンセグなど、様々な受信料ネタで次々と裁判を起こす執念が凄まじい。

立花さんのNHKに対する思いは、一般人には理解し難い「怨念」や「呪い」の類なのかも知れない。恨みを買ったNHK側にすれば、ホラー映画を見ているような、ゾッとする気分だろう。


tachibana anti nhk.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:45| Comment(50) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

進次郎さん、クリステルさん、おめでとう!

ここ何回か、南鮮関連のエントリが続いた。有難くもない話題を色々と豊富に提供してくれるが、連日、文ちゃんや背後の金ちゃん、その走狗たる在日朝鮮パヨクがテーマじゃ面白くない。

今日は趣向を変えて、楽しいニュース。小泉進次郎さんと滝川クリステルさんの結婚発表について語ろう。片や将来を嘱望される若手政治家、片や人気アナウンサーの素敵なカップルだ。

政治家としての進次郎さんは、若いけれど、老練な連中に負けない行動力が魅力だ。発言の端々に未熟さを感じることもあるけれど、大物への成長を確信させる何かを持つ。

選挙を勝ち抜いているのだから、世襲の批判は当たらない。初代・爺さん流のコスプレと手振り身振りで、無理に貫禄を見せ付けようと、腹を出っ張らせる北鮮の三代目クンとは違う。

親子だから当然、小泉総理に似たオーラを発するが、既に「ジュニア」イメージは払拭して、独自の存在感を示す。奇人変人と呼ばれる親父さんよりも、むしろメディアの操縦も上手い。

どう見たって2枚目だから、さぞモテるだろう。なぜ独身なんだ?と世間が首を捻っていたら、突然、美人アナウンサーを妻に迎えると発表するあたり、巧みな演出が憎い。

総理と官房長官に挨拶に出向いたが故の偶然らしいが、首相官邸で結婚記者会見も前代未聞。メディアや一般大衆の驚かせ方や喜ばせ方を、肌身で知っている男なのだ。

「妊娠を報告したら、父(小泉総理)が涙した」なんてトークもいいじゃないか。分かるよ〜、その気持ち!って、今、日本全国の庶民が頷いているだろう。丈夫な赤ちゃんを産んで欲しい。


shinjiro & christel.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:10| Comment(67) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

韓流反日宣伝がゲージツか?

「芸術とは何か?」との質問に答えるのは、結構難しい。絵や彫刻、小説、音楽や映画・演劇、ファッションなど、いろんなモノが頭に浮かぶけど、要領よく、さっと一言に纏まらない。

ネット検索したら「表現者あるいは表現物と、鑑賞者が相互に作用し合うことなどで、精神的・感覚的な変動を得ようとする活動」とある。ああ、なるほどね。さすがはお手軽辞書のWikipediaだ。

でも、表現や表現物が芸術だとするなら、何でも範疇に入りそうだ。これもアート、あれもアート、森羅万象が芸術です、と言い切れないコトもない。早い話が、何でもアリか。

ゆえに、芸術祭なら何をやっても許されると、「あいちトリエンナーレ」の主催者は考えたのだろう。「表現の不自由展・その後」が物議を醸すなら、「ゲージツです」で押し切れと。

ふざけちゃいけない。元々は在韓米軍に轢き殺された少女を模したらしいが、コレを慰安婦(戦地娼婦)像に仕立てて展示するかと思えば、昭和天皇の御真影写真を燃やして踏み潰す。

安倍首相の人形を作って、その口にハイヒールを突っ込む。展示会場には、なぜか朝鮮民謡を流す。こうなりゃ、韓流反日運動の直輸入だ。こちらはあまりの不快さに吐き気を催す。

勿論、外国の運動を真似て、あえてわが国で披露したがる連中もいるし、ソレを見て喜ぶヘソ曲がりも、少数ながらいるのだろう。しかし、あくまでも私的にこっそりやればいい。

愛知県と名古屋市と文化庁から、10億円にも上る巨額の公的助成金を得て実行すべき催しでは、絶対にない。侮辱を受けた上、税金を掠め取られる日本国民が、激怒するのは当然だ。

狂った企画を立てた芸術監督(?)は、津田大介なる人物と聞くが、正直なところ、どこの誰か知らない。ネットでは金髪ブタ野郎呼ばわりされているが、うん、まあ、見掛けはそうかなw

承認したのは大村知事。このヒト、中止決定に追い込まれたのが余程悔しかったのか、己の不始末を謝罪するでもなく、「河村市長の展覧会批判は憲法違反だ」と筋違いに怒る。

ガソリン放火を匂わせる物騒な脅しのファックスを受けたと、揃って深刻な表情を見せるが、ソレだけで被害者面に徹するあたりは、よほど神経構造があちら風なのか。

ふたりが「あいちトリエンナーレ」向け助成金の着服を狙ったとは考え難いが、反日組織に活動資金を提供する目的だった可能性は否定出来ない。国は徹底的に捜査を進めるべきだろう。


ohmura and blond pig.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:09| Comment(67) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

黒だろうと白だろうと関係ないぜ

嬉しいじゃないか。韓国に対する輸出優遇措置の撤廃が閣議決定した。今月7日には政令改正、28日には施行する。同国向け輸出は一般包括許可が適用されなくなり、個別に審査対象となる。

日本政府による対韓輸出方針の転換は、当然の軌道修正とも云える。そもそも愚かで危ない発展途上国を、米国や欧州と並べて先進国扱いし、ホワイト国に加えたのが間違いだった。

アジアで唯一、韓国をホワイト国として認めたのは2004年と聞くが、当時のわが国に、どんな裏事情があったのか。ハニトラや収賄や恐喝で政府判断が狂ったんじゃないか、と勘繰りたくなる。

輸出管理体制強化は、国際社会に対する日本の義務であり責任の履行に過ぎない。韓国を他の一般国と同列に扱うだけで、禁輸に踏み切った訳じゃないし、制裁にすら当たらない。

対韓輸出企業に従来より煩雑な申請作業が課せられ、韓国政府も再輸出管理の厳格化を求められるとは云え、いずれも日本政府が納得する実務と情報開示を行えば、ソレで済む話。

にもかかわらず、なぜか、韓国が絶賛発狂中だ。大統領が「無謀な決定だ」「日本は盗人猛々しい」と喚く姿は常軌を逸している。「断固として報復してやる」って、一体何する気だろw?

国民の反日感情を煽り、己の失政を取り繕おうとの魂胆と察するが、あるいは文ちゃん、ホントに狂っちゃったのかも知れない。まあまあまあ、冷静になれよ、と肩を叩いてやりたい。

と、ここで唐突に思い出す。故マイケル・ジャクソンのメガヒット曲 'Black or White' だ。この曲のサビ部分で、彼はこう歌う。’It don't matter if you're black or white'

「黒だろう白だろうと関係ないぜ」と訳せばいいか。ブラック国だろうと、ホワイト国だろうと気にするな、ってな慰めを込め、あえて文ちゃんをマイケルに見立てた。


moon black or white.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:56| Comment(88) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする