2019年04月19日

白鵬とナオミちゃんと国籍法の話

白鵬が日本国籍を取得するため、モンゴル国籍からの離脱を同国政府に申請したと云う。相撲ファンとしてのみならず、一日本人として、大横綱の帰化を歓迎したい。

以前から、本人は外国籍のまま「一代年寄」の名跡を希望してきたが、日本相撲協会は頑として認めなかった。引退後、親方として協会に残るには日本国籍を要す、との決まりがあるからだ。

国家とは運命共同体ゆえ、白鵬自身、国籍変更には躊躇いがあったろう。自国で英雄と称される立場だもの、なかなか帰化に踏み切れぬ事情もあったに違いない。

その上、抜群の活躍にも関わらず、外国人差別的な嫌がらせやバッシングを浴びて来た白鵬だ。ルールがはっきりしない角界で、品格が足りないとか、取り口が卑怯とか、あらぬ非難に晒される。

従い、悩みに悩んだ末の結論に違いない。われわれファンが、そして同胞が、これまで以上に熱く応援して、日本国籍を取得して良かったなあと、是非、白鵬にそう感じて貰おう。

と、ここまで書いて、国籍について悩む、もう一人のスーパースターを思い出す。日米両国の国籍を有する「テニス界の女王」大阪なおみ選手だ。

蓮舫みたいな悪党がいるため、二重国籍は問題なし、との誤解も広がる昨今だが、わが国の国籍法は「22歳に達するまでに、いずれかの国籍を選択せねばならない」と明確に定めている。

しかも、法務大臣は外国籍を有する日本国民に、国籍を選択せよと催告出来る。その旨通知を受けた者は、1ヶ月以内に日本国籍を維持するか、喪失するか、どちらか選ばなくてはいけない。

つまり、法的に考えれば、大阪なおみ選手が22歳の誕生日を迎える今年の10月までに日本国籍を選択しなければ、翌11月時点で、日本人とは呼べなくなってしまうのだ。


hakuho & naomi.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:01| Comment(100) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする