2019年04月01日

新時代は「令和」

新元号「令和」が発表された。先週、紹介した渋谷のJK300人の予想は、見事に覆った。「安久」でも「平和」でもない。「嵐」も「タピオカ」も、あの「卍」も落選した。当たり前かw

前エントリのイラストには「安晋」と記したが、コレも採用されなかった。改元で反日パヨク「アベガー族」を狂い死にさせるチャンスだったのに、とちょっぴり残念ではある。

「令和」と聞いても、ピンと来ないが、記者会見の席で、首相は「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」との意味を語り、さらにこう続けた。

「春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、決定した」

なるほどね〜。令と和の二文字でホントにそんな意味が成立するのかョ?と、疑問の余地はあるが、野暮な詮索は辞めておく。新時代に相応しい、素敵な元号と受け止めたい。

典拠となったのは万葉集の序文であり、元号として、初の国書由来だそうだ。驚くじゃないか。己の無知を曝け出すようだが、これまでずっと漢籍が原典だったと聞いて、びっくり仰天だ。

大昔ならいざ知らず、現在の「平成」ですら、『史記』と『書経』が由来だったとは、情けない。遡れば、昭和も『書経』、大正と明治は『易経』、慶應は『文選』とバリバリの支那流だ。


abe shotoku taishi.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 20:56| Comment(121) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする