2019年03月25日

新元号はJKに聞け!

僅か1週間後、4月1日には新元号が発表される。政府が学者を集めて、最終案の絞り込み作業中と伝えられるが、タイミングから考えて、おそらく決定済みだろう。

今更、元号の直前予想を語っても無意味だし、万が一当たりでもしたら、無用の問題を招きかねない。ブログ主と政府中枢を繋ぐ太いパイプの存在がバレてしまう(ウソ)

と云うことで、女子高生300人を対象にしたアンケート結果を紹介する。ハチ公前にたむろするギャル相手に、思いつきを尋ねてどうする?って気もするが、これもネット情報の楽しさだ。

「渋谷の高校生を対象に高品質・スピーディな市場調査を提供する」と宣伝文句に謳う、リサーチ・マーケティング会社が真面目に企画・実施したそうで、若者たちの「生の声」には違いない。

【渋谷のJK300人による新元号予想(株式会社アイ・エヌ・ジー調べ)】
1位:安久(5% / 回答数:15)
2位:平和(3.3% / 回答数:10)
3位:嵐(1.7% / 回答数:5)
3位:安政(1.7% / 回答数:5)
3位:大成(1.7% / 回答数:5)
6位:桜華(1.3% / 回答数:4)
6位:永安(1.3% / 回答数:4)
6位:希望(1.3% / 回答数:4)
6位:朝日(1.3% / 回答数:4)
6位:和平(1.3% / 回答数:4)
11位:タピオカ(1.0% / 回答数:3)
11位:安生(1.0% / 回答数:3)
11位:安和(1.0% / 回答数:3)
11位:光明(1.0% / 回答数:3)
11位:将(1.0% / 回答数:3)
11位:明成(1.0% / 回答数:3)
11位:卍(1.0% / 回答数:3)
11位:快明(1.0% / 回答数:3)


abe shin gengo.jpg

続きを読む
ラベル:新元号 安倍総理
posted by yohkan at 21:16| Comment(134) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

安倍4選を思い、感涙にむせぶ!

つい先日、自民党の二階幹事長が総裁任期延長の可能性に言及してから、安倍総理4選の噂が急に現実味を帯びてきた。今のところ、ご本人は否定するが、満更でもないだろう。

実際、任期は最長2選だった以前のルールを改定して、3選も可能にしたのだから、同じ手法で4選や5選へと延長出来る。所詮、内輪の規則だもの、党員がその旨意思決定すれば良い。

内政も外交も順風満帆なのは、日本丸の舵を取る安倍船長の手腕に依る。たかだか自民党内の決め事により、このタイミングで名宰相を失い、国家的大損失を招きたくない。

無論、年柄年中「アベ政治は許さない!」と叫ぶ反日野党や敵性メディア、パヨク系プロ市民、あるいは彼らの背後に潜む特亜諸国にとって、安倍続投は悪夢のような出来事ではあるだろう。

でも、だからこそ、総裁任期延長を実現させたい。われわれは経験的に知っている。敵勢力が嫌がることこそ、わが国を富ませ、強くし、国民生活を豊かなものにするのだ。

さて、朝日新聞による世論調査で、安倍総理の続投について尋ねたところ、「賛成」27%、「反対」56%の回答を得たと云う。有権者の間で支持は広がっていない、と同紙は解説する。

朝日の電話アンケートに答えるくらいだから、回答者はたぶん、暇を持て余す「左巻き老人」の類だろうしw、サンプル数も質問の文言も不明だから、全くアテにはならない結果だ。

とは云え、朝日だから全部ウソと決めつけることも出来ない。産経新聞とFNNの合同世論調査でも「賛成」31%、「反対」59%と、似たような集計が出ている。

自民党総裁選ゆえ、同党支持者のみを調査対象にしてもいい筈だが、強烈な反安倍派も含めた一般国民相手のアンケートであれば、こんな結果になっても不思議はないようだ。


abe 4sen.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:58| Comment(101) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

米中貿易戦争は「ハイテク覇権争い」か?

時流に即したエントリを心掛けちゃいるのだが、TVのトップニュースはビエール瀧と後藤真希だもんなあ(呆)。ホットな話題とは呼べないかも知れないが、米中貿易戦争と日本企業について書く。

1989年にベルリンの壁が崩壊してから、ソ連・東欧の共産党政権がドミノ倒しになった。思想統制や人権弾圧、官僚主導の非効率な経済体制から解放された東側の人々は歓喜した。

西側の人々は確固たる勝利を得て、地球上から共産主義が消滅すると楽観した。冷戦終了後の世界は自由主義一色に染まり、誰もが繁栄を謳歌する時代がやってくると信じた。

ところが、期待はあっさり裏切られる。30年を経た今も尚、東アジアの共産圏と冷戦構造は存続する。中共・北朝鮮は、国際社会の秩序と安定を掻き乱す癌細胞と化した。

西側諸国との関係緊密化によって中共は目覚しい経済成長を遂げたが、民主化や自由化の兆しすらなく、共産党政府を増長させただけだ。対外膨張と軍拡に走り、独自覇権を唱えるに至る。

支那との協力関係が自国はじめ自由主義圏に何の利益ももたらさないと知り、米国は方針を転換する。中共政府を標的に捉え、敵・味方を峻別する冷戦時代の姿勢に戻った。

米ソ冷戦時代同様、核ミサイルの飛び交う全面戦争に至る可能性は低いが、限定的な武力衝突は起こる。敵陣営の暴走や挑発を牽制せねばならず、緊迫した場面は避けようもない。

交易や金融、生産や技術をも含む総力戦だから、昨今唱えられる「米中貿易戦争」も必然。戦争は、モノの例えでも何でもない。敵を全面的に屈服させるまで、戦いは続く。

幸い、最終局面を予想することは難しくない。ソ連を「悪の帝国」と呼び、軍事経済の両面で追い詰め、遂には崩壊させたレーガン政策を思い起こせばいい。

トランプ大統領の対中強硬策はコレに倣う。あらゆる手段を駆使して、「悪の帝国」中共を徹底的に叩き潰す。キンペー率いる共産王朝が瓦解する日は、そう遠くない。


trump on reagan way.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:59| Comment(75) | 支那中共 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

まるでお白州、「人質司法」

保釈され東京拘置所を出るゴーン氏の姿に驚いた。無罪を主張する身なら、堂々と振る舞えばいいのに、作業服とマスクで変装しコソコソと軽ワゴン車に乗り込む姿が、何ともみっともない。

珍奇な変装は保釈に立ち会う弁護士のアイデアだったらしいが、云われるがままに化けた本人の心境が理解出来ない。察するに、100日に及ぶ拘留期間を経て、精神が萎縮したか。

逮捕前の華麗な生活とは一転、狭い独房に閉じ込められた上、連日連夜、長時間の尋問を受け、自白調書への署名を強要され続ければ、惨めさに心を病み、卑屈になっても不思議はない。

主任弁護人の弘中弁護士は、東京地裁の保釈決定について「認められてよかった。『人質司法』がなくなるきっかけになってほしい」と話したが、真っ当な意見として拝聴した。

嫌疑を認めず自白しないからと、ただソレだけの理由で、検察が人権を無視し、容疑者を意のままに長期拘留出来る民主主義国家など、わが国を除いて他に存在しない。

しかも、99.9%の起訴後有罪率ゆえ、検察がそうと決めれば、容疑者は即ち、ほぼ罪人確定だ。コレじゃ、日本はロシアや中共並みの司法後進国だと、海外から見做されても致し方ない。

江戸時代のお白州同様、虫ケラどもはつべこべヌカさず、お上の裁きに従えと、検察や裁判所が腹の底で考えているのなら、現代の司法・裁判制度とおよそ程遠い概念だ。

そこには何ら疑問を抱かず、メディアの報道を鵜呑みにして、推定無罪の原則も忘れ、お奉行様が「打ち首獄門に処す!」と申し渡せばいいのに〜、と期待する庶民は、脳内構造が明治維新以前か。


ghosn at oshirasu.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:47| Comment(93) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

崖っぷちの金と文

大山鳴動鼠一匹か、あっさり決裂したハノイの米朝首脳会談。余裕綽々で記者会見に応じるトランプ大統領と、顔面を引きつらせて会場を去る金正恩。姿の対比が、すべてを表す。

合意に至らずとも何ら失うモノがない米国と、経済制裁が解除されぬ限り極貧状態が続く北朝鮮。見せ掛けの核廃棄で制裁の全面解除を求める図々しさが裏目に出て、金ちゃんは真っ青だ。

この男、ベトナム旅行にはお気に入りの美女タレントを同行させたらしいが、帰途は彼女を抱く気にならかったろう。列車の窓外に広がる荒涼とした景色が、ひたすら胸を塞ぐ。

「どうしたのよん?」と甘く囁いても、生返事を返すばかり。往路はあんなに元気だったのに〜? ジョンウンたら、汽車に負けないくらい激しいピストン運動だったのに〜? と、彼女は首を捻る。

金正恩は思案する。さあ、ここまで追い詰められ、果たして権力が維持できるのか? 暗殺されるかも知れない。不在中にクーデターが起きるかも知れない。嗚呼、恐ろしい。ぶるぶるぶる。

帰国した途端、彼の不安は少しだけ的中する。「自由朝鮮」なる謎の団体が、マレーシアで暗殺された正男の息子を擁立する格好で、北朝鮮臨時政府の樹立を宣言したのだ。

ななな、何が正男の息子だ!若造め、こここ、殺してやるニダ!と金正恩は拳を固めて、身震いする。とは云え、自由朝鮮の連中が何処にいるのかも分からない。

崖っぷちだ。まさに、崖っぷちに立たされている。間違って、一歩踏み出せば、奈落の底に真っ逆さまに転落する。ちちち、畜生、こうなりゃ、あいつも道連れだ。


kim & moon on cliff.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 16:30| Comment(66) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする