2016年06月25日

EU分裂にワクワクしてもいいんじゃないか!

UKがEU離脱を決めた。不幸な女性議員殺害事件が発生したためか、投票前は残留派がやや優位と伝えられたが、開票結果は逆だった。EU離脱にかける英国人の思いは強い。

この結果に仰天した向きも多い筈だ。何しろわが国のメディアは揃って、離脱は最悪の選択だと、残留派の主張だけを伝えた。残留は正義であり、繁栄への道と宣伝した。

方や、離脱派の主張は切り捨てた。生活苦が移民への偏見を生むと、ヘンに矮小化するのみで、EU指令が国家主権を侵害する構図には一切触れなかった。

独仏ごときに牛耳られて堪るかと云う、大英帝国の人々が持つプライドや、国家は国民のものだと云う常識さえ、メディアは徹底的に無視した。

メディアの偏向ぶりは、開票結果が明らかになっても変わらない。喜びに沸く離脱派の声は伝えず、敗れた残留派が口にする不安や戸惑いだけを拡散する。


UK left EU.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 16:22| Comment(220) | TrackBack(1) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする