2016年03月11日

福島安全宣言が復興の鍵

東日本大震災と福島原発事故発生から早や5年。今も全国で17万人が避難生活を送ると知り、仰天する。

もしや避難者は、民主党政権が定めた「居住制限区域」や「帰還困難区域」に何の科学的根拠もないことを、知らないのか?

現地調査を実施後、ICRPや国連科学委員会や放射線医学会が「フクイチの事故で健康被害は有り得ない」と幾度も念押しした経緯を、聞いていないのか?

年間1200mSV以下なら問題なしと断じる世界的権威、英オックスフォード大のアリソン名誉教授が、避難生活のストレスこそ健康被害をもたらすとして、日本政府の対応を厳しく批判した事実を、あえて無視するのか?


prof allison noda yamamoto.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:09| Comment(41) | TrackBack(1) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする