2016年02月17日

朝日新聞が生んだ首相の胸の痛み

わが国を侮辱しやがってと、韓国が世界中あちらこちらに建てる慰安婦像に対し、怒り心頭の日本国民は多い。

ところが冷静に考えれば、撤去せよと求めたって、芸術作品だと開き直られれば、それっきりの話だ。少女の座像ごときに怒りをぶつけても、意味はない。

むしろ、旧日本軍による強制連行は無根拠な法螺話だと、歴史的事実を示して相手の嘘を覆し、韓国の異常性を国際社会に知らしめるべきなのだ。

と考えていたら、日本政府がタイミングよく、国連の女子差別撤廃委員会で、この問題を取り上げてくれた。

害務省と揶揄される外務省にも、シゴト人はいたようで、外務審議官の杉山晋輔氏は、強制連行の事実なしと指摘した上で、吉田某の捏造本を基にした朝日新聞の記事が誤解の元と説明した。


comfort asahi woman_2.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:00| Comment(51) | TrackBack(1) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする