2015年11月20日

ウソつき国家の言論弾圧

慰安婦は売春婦だ。こう書けば、左巻きどもが「極右」のレッテルを貼りたがるが、事実は事実。

特亜の反日宣伝と日教組の洗脳教育の影響か、強制連行や性奴隷みたいな荒唐無稽なウソを鵜呑みにする若い世代もいるが、冗談じゃない。

売春が合法だった時代、兵隊さんが大枚叩いて、娼婦相手に遊んだ。現代のサラリーマンがソープランドで遊ぶのと変わらない。ただ、それだけの話だ。

戦争世代が元気な頃は、兵隊相手に商売する娼婦がうじゃうじゃいて、日本人娼婦のみならず、大陸の娼館に朝鮮人や支那人もいたことは、世間の常識だった。

かっては韓国でも常識が通用した。併合時代を知る爺さん婆さんが、朝日の捏造記事を知り、軍隊が婦女子を拉致する筈がないと笑い、朝鮮人を馬鹿にするなと怒った。

世代交代くらいで、勝手に歴史を塗り替えちゃいけない。韓国で「帝国の慰安婦」を著し、文中で売春婦の表現を用いた学者の朴裕河さんは、そう考えたのだろう。


korea's oppression of free speach.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 13:18| Comment(36) | TrackBack(2) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする