2015年09月10日

橋下新党と次世代の相合傘

安倍総裁の無投票再選がすんなり決まった。安保法案の成立やアベノミクスの推進に向け、一枚岩となった自民党の安定感と力強さが心地よい。

方や、野党はだらしがない。岡田、志位両氏など公党の党首が、SEALD'sはじめ朝鮮カルト連中と手を繋ぎ、戦争法案(?)反対デモに繰り出す姿は無様過ぎる。

しかも、動員数を多く見せかけるため、一般市民で混雑する歩行者天国や駅構内でゲリラ的な無法デモを行うとは、狂気の沙汰だ。国会論戦をあきらめた様子が痛々しい。

さて、この落ち目の左巻き連合に今更加わるのだから、維新の松野氏も救い難い。野党再編とか政権交代とか夢を語るが、自滅は目に見えている。

維新の分裂は当然で、橋下市長は引退宣言してる場合じゃない。国政を睨み、新党を率いるべきだと誰もが思う。

但し、橋下氏が幾ら人気者でも、大阪都構想の頓挫で判るとおり、力量不足は否めない。加えて、予想される橋下新党の面々も小粒だし、人数も僅か20人足らずだ。

こうなりゃ、次世代の党と元の鞘に戻るのも一案だ。政治思想は違っても、かっては同じ釜の飯を喰った仲だから、互いに惹かれ合う箇所もある筈だ。


jisedai & hashimoto.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:48| Comment(48) | TrackBack(1) | 維新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする