2015年08月15日

賢い首相と愚かな元首相

安倍首相の戦後70年談話は傑作だった。従来の政府見解と齟齬を生じさせぬまま、くだらない自虐史観と贖罪意識を払拭した。村山談話は一気に影が薄くなった。

日露戦争の勝利がアジアの民に与えたを希望を語り、子や孫の世代に謝罪を続ける宿命を背負わせぬと宣言し、さらには積極的平和主義への決意を示した。まさに安倍節全開だ。

武力の行使による国際秩序への挑戦を反省して見せながら、支那の脅威を匂わせ、ついでに友好国「台湾」の国名を堂々と述べるあたりは痛快そのものだ。

植民地支配や謝罪など、キーワード(?)のチェックシートまで掲げた反日テレビ局は、さぞやショックを受けただろう。彼らの愛する韓国なんぞ、首相は歯牙にもかけない。

つくづく賢い首相でよかったと、胸をなで下ろす。コレが鳩ポッポをはじめとする民主党政権であれば、悲惨で醜悪な土下座談話になってしまう。


abe & hatoyama.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:30| Comment(46) | TrackBack(3) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする