2015年05月27日

安保法案は「これででいいのだ〜」

全国津々浦々に「ゆるキャラ」がいる。一説によれば、日本中に2000種以上が存在するそうで、クマモンやフナッシーなどのスター級を別にすれば、ゲテモノも数多い。

大抵の場合、特産品や観光名所を絡めてローカル色を盛り込もうと意気込むがため、得体の知れない不気味なキャラクターになってしまったりする。

あるいは小学生のイタズラ描きを基に、田舎の木端役人がでっちあげちゃいました、みたいな、センスも面白味もない駄作も多い。

その手の、だらしないゆるキャラ達は、真の実力派キャラクターを前にすると、たぶん、己の姿が恥ずかしくなるだろう。例えば、産経新聞大阪本社を訪ねたバカボンのパパを見るがいい。

圧倒的な存在感に触れただけで、嬉しくなっちゃうではないか。




続きを読む
posted by yohkan at 11:59| Comment(40) | TrackBack(0) | 国防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする