2015年03月07日

朴政権、血まみれの反米テロ

「民族和解協力汎国民協議会」主催の朝食講演会で、駐韓米国大使に招待客の男が飛びかかり、包丁で顔を切り刻んで血まみれにした。

この凶暴なテロリストが、僅か5年前、講演中の日本大使にコンクリート片を投げつけた前科者だったことに驚くが、たまたま会場に紛れ込む筈がない。

犯人のキム某は竹島の領有権を主張する反日政治団体の代表で、独島守護大将(笑)と呼ばれる有名人と聞く。主催者は危険人物を意図的に招いたのだ。

察するに、主催者は韓国政府と近い関係を持つ。米国大使館から警護要請がなかったと、韓国警察が国際的な約束事を無視して開き直るのも、朴政権が反米テロを容認しているからだろう。


park attacking obama.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 12:55| Comment(46) | TrackBack(1) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする