2017年03月25日

森友か、パヨ友か

渦中の籠池理事長は私人ゆえ、ここでアレコレあげつらう気はないが、どこか怪しい。

経歴詐称や学校建設費の水増し申告など、数々の不正を指摘されても、意気軒高ぶりはかわらない。

但し、発言はどれもこれもインチキ臭いし、支離滅裂さが笑いを誘う。云っちゃ悪いが、とても信頼できる人物には見えない。

ところが、民進党や共産党などの反日野党にとって、これほど信頼に足る、ありがたい存在はない。

安倍政権を攻撃する材料を連日提供してくれる人なんて、そういるものじゃない。

教育勅語を唱えたり、旭日旗を掲げたりと、一見、右翼的ポーズをとりつつも、どうやら理事長はパヨクのお友達らしい。森友学園ならぬパヨ友学園だ。


payotomo gakuen.jpg

続きを読む
タグ:森友学園
posted by yohkan at 18:04| Comment(21) | TrackBack(0) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

さっさと豊洲に移転せよ!

おいおい、まだやってるのかと呆れる。魚河岸の豊洲移転問題だ。

去年の都知事選で小池劇場は大受けした。闇の勢力にゃ負けねえ、都民の安心安全を守ってみせる、と威勢良く啖呵を切る小池さんに、拍手喝采が起きた。

しかし、ここまでズルズル続けてどうする。云っちゃ悪いが、所詮は勧善懲悪の「お芝居」だ。最初は面白がった観客も、子供騙しの筋書きを信じるほどウブじゃない。

都民なら、誰もが知っている。

関東大震災で壊滅した日本橋の魚河岸が築地に移転して、90年余り。築地市場は既にぼろぼろに老朽化して、窮屈で不衛生だ。アスベストは危ないし、大気汚染も酷い。

だからこそ、都が豊洲への魚河岸移転を決めたのだ。


ishihara toyosu.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 22:01| Comment(40) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

酒場という聖地は全面禁煙

酒場という聖地へ、 酒を求め、肴を求め彷徨う。この粋なナレーションで始まるのが、BS−TBSの人気番組「吉田類の酒場放浪記」だ。

詩人にしてイラストレーターの吉田さんが、場末の大衆酒場に顔を出す。ごちゃごちゃとつまらない薀蓄を傾けるでもなく、ひたすら美味い肴をつまみ、ぐびぐびと酒を飲む。

幸せそうに酔う吉田さんの姿を見ているだけで、こちらも幸せな気分に酔える。下町を探検して、あの手の気さくなお店に行ってみたいな、と思ったりもする。

しかし、行かない。「酒場放浪日記」は楽しんでも、絶対に行かない。何故か。吉田さんの座るカウンターの隣や、ちらりと映る奥のテーブルに、必ず煙草を吸う客がいるからだ。

どんなに安くて旨い酒や肴があろうと、煙草の臭い煙や匂いで全てが台無しだ。他人の喫煙によって、不快で不健康な思いをするのは真っ平御免だ。

と考えていたら、厚労省の肝いりで「健康増進法案」が国会に提出されると云う。こと煙草に関しては酷く後進的な我が国が、漸く本格的な受動喫煙対策を講じる。


sakabahoroki.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 20:54| Comment(405) | TrackBack(1) | 嫌煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

2016年最後のエントリ

年の暮れ恒例のイラストコレクションを掲載する。するけれど、我ながらショボい。そりゃそうだ。3月を以ってブログを終了し、その後は幾つか号外をエントリしただけだもの。


2016 collection.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 16:40| Comment(143) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

衝撃のゆるキャラ

今春、当ブログを閉じると宣言したものの、以降もちょろちょろとエントリが続く。楽しい話題があって気が向けば、躊躇なく書く。

でも、嬉しいニュースは見あたらない。特に政治となれば、腹抱えて笑える題材は皆無だ。むしろ腹わたが煮えくりかえっちゃったりする。

出来るだけ、その手の不快なニュースは避け、明るく楽しくホンワカと心温まる話題を追いかけたい。ってことで、今日は「ゆるキャラ」だ。

都道府県や市町村が擁するゆるキャラは、日本全国で2000種類くらい居るらしい。非公認もあるから、もっと多数かも知れない。

地域の名産品を材料にした漫画チックなキャラクターは数あれど、残念ながら、どれもこれも似たり寄ったりで、新鮮味がない。

ところがだ。ゆるキャラ界のマンネリ傾向をぶち破る、衝撃のスターが登場した。新人ながら圧倒的な存在感は、絶大なる人気を誇るクマモンやフナッシーを凌ぐ。

それが、青森県の非公認ゆるキャラ、にゃんごすたーだ。


nyango star.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:45| Comment(121) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

今こそ、アベンプ!

安倍首相がトランプさんとニューヨークで面談した。大統領選に勝利した相手ではあれ、正式就任前に大慌てで会いに行くのは奇妙だが、こればかりは致し方がない。

無能な外務省に踊らされ、選挙直前にクリントン候補とのみ会談する大失態をやらかした以上、首相自らが動かねば格好がつかない。重要な外交こそ、外務省に任せちゃいけないのだ。

さて、直接会って、トランプさんこそ信頼できる指導者だと、安倍さんが確信されたそうで、結構な話だ。優柔不断で指導力に欠けるオバマ大統領と相対してきただけに、その思いは強かろう。

にこやかな表情で握手する安倍・トランプ両氏の姿を見れば、こ奴は出来るぞと互いに認め合ったことが判る。剣豪同士がすれ違いざま、一瞬にして相手の気迫と腕前を感じ取るアレだ。

これまでは嫌でもオバマ民主党と付き合わねばならず、それなりに調子を合わせてきた安倍政権だが、今後はトランプ共和党政権と足並みを揃え、日米関係の緊密化が図れるだろう。

ここで提案だ。安倍さんは、愛国心溢れる本音スピーチで米国人の心を揺さぶるトランプさんの姿を、見倣うべきではないか。


abemp.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:46| Comment(81) | TrackBack(2) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

ヒラリーともう一人の敗北者

トランプ氏が堂々と大統領選を制した。予想で優位に立っていた筈のクリントン女史は、ぼろ負けにショックで声も出ない様子だ。

ヒラリーを祭り上げる一方で、トランプ氏を誹謗中傷してきた大半の米国メディアも、さあ、どう状況分析したらいいかと、困惑しているに違いない。

その米国発の嘘情報を頼りに、トランプ氏に失礼極まる罵詈雑言を浴びせてきたわが国のメディアは、一体どの面下げて、選挙結果を語るのだ?(笑)

もっとも、支那朝鮮勢力が牛耳る日本メディアの狙いは想像がつく。女性大統領の誕生を熱烈歓迎し、ついでにわが国初の女性首相就任を演出する腹積もりだったのだ。


defeated.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 22:02| Comment(97) | TrackBack(1) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

ISHIURA登場!

前回、小池さんの都知事選勝利を祝ってエントリしたのが、かれこれ3ヶ月以上も前だ。この間、取り上げるべきテーマがなかったワケじゃない。

実際、二重国籍の嘘つき蓮舫を攻撃するつもりが、いや待てよ、と思い直したのだ。貧相な爬虫類ヅラなんぞ作画して、何になるのか。それが楽しいアートワークなのか。ウキウキしちゃうのか。そう考えて、やる気が失せた。

祖国に仇する敵勢力と戦うのは大切だが、四六時中そんな事ばかり考えるのは嫌だ。楽しくないもの。腹が立つばかりだもの。ニコニコと嬉しくなり、ワクワクと胸踊る方向に意識を集中させたい。

ってな前フリで、今日は相撲の話題です。

11月13日から始まる九州場所の番付が先日発表された。白鵬が戻ってくる。本当に怪我が癒えて万全の体調なのか、若干の不安は漂うが、いつもの通り、立派な横綱相撲でファンを魅了して欲しい。

しかし、より注目すべきは白鵬の弟弟子、宮城野部屋の石浦だろう。若干26歳にして堂々の新入幕。見ようによっては、結構イケメン。身長173センチ・体重104キロ。マッチョタイプのシティボーイが「乗り」で土俵に上がったような、軽やかさと爽やさに惹かれる。


ishiura.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:49| Comment(41) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

おめでとう、小池さん!

都知事選が終わった。終わった途端に開票結果が出た。予想通り、小池百合子氏が堂々と勝利を収めた。

防衛相や環境相として輝かしい実績を誇るものの、自民党の推薦や協力も得ず、組織らしい組織も持たず、草の根的な選挙運動で知事の座を勝ち取ったのだから、立派なものだ。


koike tochiji.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 21:30| Comment(308) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

EU分裂にワクワクしてもいいんじゃないか!

UKがEU離脱を決めた。不幸な女性議員殺害事件が発生したためか、投票前は残留派がやや優位と伝えられたが、開票結果は逆だった。EU離脱にかける英国人の思いは強い。

この結果に仰天した向きも多い筈だ。何しろわが国のメディアは揃って、離脱は最悪の選択だと、残留派の主張だけを伝えた。残留は正義であり、繁栄への道と宣伝した。

方や、離脱派の主張は切り捨てた。生活苦が移民への偏見を生むと、ヘンに矮小化するのみで、EU指令が国家主権を侵害する構図には一切触れなかった。

独仏ごときに牛耳られて堪るかと云う、大英帝国の人々が持つプライドや、国家は国民のものだと云う常識さえ、メディアは徹底的に無視した。

メディアの偏向ぶりは、開票結果が明らかになっても変わらない。喜びに沸く離脱派の声は伝えず、敗れた残留派が口にする不安や戸惑いだけを拡散する。


UK left EU.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 16:22| Comment(220) | TrackBack(1) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする