2017年10月12日

左傾国家ニッポンの骨盤調整

骨盤の歪みによって背筋が曲がっている人が多いと聞く。腰痛や偏頭痛などの体調不良は大抵、コレが原因だ。

歪みの恐ろしさは、体がいつの間にか麻痺して慣れちゃうところだ。端から見れば、体幹が明らかに傾いているのに、自分ではまっすぐな姿勢だと信じ込む。

先ずは自分自身が己の姿勢の悪さに気づかなけりゃダメだ。さもなきゃ、ズレた骨盤を正常な位置に戻すことは不可能だ。

残念な話ではあるが、わが国も土台となる骨盤が歪み、体が左方向に傾きっ放しの状態だ。あるいは国民が全員、左に傾いていると云うべきか。

周囲の人々が全員、傾いていれば、自分はまっすぐに立っていると錯覚するのも無理はない。しかし、人体なら腰痛や偏頭痛程度で済む不調が、国家の経済力や防衛力を毀損する点が大問題だ。


sakeikokka nippon 2.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 16:42| Comment(78) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

登場!小池ゆりこ with B

エンタメ業界で今、話題集中の人気タレントと云えば、女性ピン芸人のブルゾンちえみさんだ。

誰それ?って疑問に思う向きもあるかも知れないが、何でもそう云う事らしい。

こちらが彼女の持ちネタに不慣れであるにせよ、特別な面白さを感じさせる芸人ではない。正直云えば、何だかよくわからない。

にもかかわらず、あちらこちらで引張りだこなのは、特異な風貌が醸し出す存在感によるものか。

思えば、似たようなタレントは他に見当たらない。ニッチな世界でも、オンリーワンの個性があれば世間が注目する、と云う証左だ。

聞けば、ブルゾンさんには女性ファンが多いそうで、なるほどね、と納得する。

失礼な物言いで恐縮だが、美形には程遠い彼女が、男に媚びず、強さとふてぶてしさを発揮する姿に、同性が歓喜しちゃうようだ。

さて、政界で今、とびきり話題集中の人物と云えば、小池ゆりこ都知事をおいて他にない。


koike yuriko with B.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 21:20| Comment(133) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

男女の関係はない???

タレントを真似て「不倫は文化」とうそぶくつもりはないが、浮気くらいで轟々たる非難を浴びせるのも大人気ない。

色恋沙汰の相手が所帯持ちなら、不道徳には違いないが、惚れてしまえばモラルなぞ飛び越えるのが、男と女だ。

だからベッキーちゃんが週刊文春に苛められた時は、思わず、彼女を擁護するエントリをしちゃったくらいだ。

但し、山尾志桜里議員を擁護する気にはならない。いやいや、別に若さや美醜を基準に物申すってんじゃないよ。

浮気騒動の自民党議員を厳しく糾弾した本人の不倫が発覚したんだもの、しっかりケジメをつけよ、と強く求めたい。

腹立たしいのは、山尾議員が記者会見で述べた台詞だ。「多方面にご迷惑をかけたから離党する」とは、何たる言い草か。

民進党議員の離党は今や日常茶飯事で、沈没船から鼠が逃げるのと同様、政治家としての本能的な延命行為に過ぎない。

離党は当人の反省を示すことにはならないし、仮に世間を騒がせた責任を猛省するなら、さっさと議員辞職すべきなのだ。

それに「弁護士と男女の関係はない」って、今更そんな白々しい嘘が通じるか、ば〜かw


yamao shiori sex.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 21:05| Comment(216) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

不戦の誓い!?

北の刈り上げ豚野郎が、連日、日本近海にぼこぼことミサイルを撃つ。禁じられた核実験を強行する。

緊急ニュースに、われら日本国民は恐怖と不安を覚え、そして激しい怒りに震える。

生命と財産を守るため、全力を振り絞って、敵の理不尽な攻撃を撥ね付けるべき場面だ。

ところがだ。日本政府は「断じて容認できない」と繰り返すばかりで、何もしない。

かの国相手に幾ら抗議なんぞしようと、何の効果ももたらさないことは、誰もが経験的に知っている。

経済制裁強化を唱えても、総連や朝鮮学校やパチンコ屋を野放しにする日本国内の現状を見れば、国際社会が嘲笑うだろう。


fusen no chikai abe & kim.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 21:30| Comment(29) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

あれれ、多重国籍発覚かな!?

蓮舫女史はいつも目尻を吊り上げ、額に青筋立てて顔を引きつらせ、舌鋒鋭く政権批判を展開する。

ところが、発言はことごとく空疎で、主張に根拠やロジックが一切ない。コレって更年期のヒステリー症状か。

それでも最大野党の代表が務まるのは、元バラエティタレントゆえにメディア操縦術に長けているのか。

あるいは、場末スナックのママさんみたいな品の無さ、よく云えば庶民性が底辺層に支持されるのか。

いずれにせよ、彼女が怪しい非日本人ばかりの民進党を率いるのは、安倍政権支持者にとって悪いことじゃない。

何より、代表の胡散臭さが最大野党のイメージを下げてくれるし、オバサン族にモテそうな前原氏やモナ男クンより安心感があるw

但し、調子に乗って戸籍を公表したがため、蓮舫さんはドツボにハマって、さあ大変!てな様子だ。そろそろ年貢の納め時かな。


renho tajuukokuseki.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 20:37| Comment(343) | TrackBack(1) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

自民都議連は大馬鹿だ!

都議選で自民党が惨敗した。前回選挙時の勢いはなく、公明党との協力関係解消が影響したとは云え、予想を遥かに下回るボロ負けだ。

開票結果に反日メディアが狂喜乱舞する。

共謀罪成立から憲法改正論議、森友加計問題に防衛大臣の失言、果ては「ハゲ、コノヤローッ!」まで取り上げ、自民党の驕り昂りが選挙民の反感を招いたと決めつける。

安倍一強の構図が壊れたと、トンデモ解釈を垂れ、印象操作が奏功したと自惚れるのは勝手だが、メディア各社は明らかにハシャギ過ぎだ。

共謀罪や憲法は都政と然したる関連はないし、何が問題か分からないモリカケや、取るに足らない朋美さんの自衛隊発言が、都議選に深刻な悪影響を与えたとは思えない。

じゃ、自民はなぜ負けた?と問われれば、答えは唯ひとつ。自民都議連が大馬鹿だからだ。愚かさが自滅を招いたのだ。


jimintogiren.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 21:25| Comment(218) | TrackBack(1) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

祝、テロ等準備罪法成立!

15日早朝、 参議院本会議の採決で、テロ等準備罪が成立した。長年の悲願が叶った瞬間だ。

われわれ善良な日本国民が、反日テロリスト勢力に怯える日々は、遂に終わったのだ。

同胞よ、おめでとう!与党&維新の議員諸氏よ、ありがとう!

さあ、快哉を叫んで、町に繰り出そう。 花火を上げろ。爆竹を鳴らせ。今宵は祭りだ。

国会議事堂周辺を日章旗で埋め尽くし、法案成立を祝おう。


terotou junbizai seiritsu.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 19:57| Comment(216) | TrackBack(1) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

旧宮家の皆様に復籍をお願いしよう!

天皇陛下の譲位に関する特例法が9日、参院本会議で可決、成立した。

詳しくは知らないが、陛下の大御心に沿うのであれば、結構な法律だ。

但し、この特例法には余計な附帯決議がついた。

法律執行に際し政府が留意すべき事項とかで、あれこれ意見や要望があったからヨロシク、みたいな感じだ。

法文に余計な文言が付けば、混乱の元だと思うが、全員一致の体裁を作るために反対者の顔も立て、無理矢理、妥協点らしきオマケを盛り込む。

コレもムラ社会ニッポンの政治手法なんだろうが、もちろん、附帯決議なんぞに法的拘束力は無い。

だから無視すりゃいいらしいが、わざわざ「女性宮家の創設などの検討」と述べた点が、如何にも面白くない。

おかしいじゃないか。なぜ、「女性宮家」なんて珍奇な言葉が出てくるのだ。連綿と「男の胤」で繋がってきた皇統を否定する気か!(怒)


imperial lineage.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 16:35| Comment(64) | TrackBack(1) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

週刊買春、本日発売!

わが国は一見、自由市場を建前とした資本主義国だが、一皮剥けば官僚独裁の社会主義国だ。だから、役人どもが滅多矢鱈に強い。

法治国家とは云え、曖昧で意味不明な法律が多いから、それを勝手に解釈して恣意的に運営する役人は、日本社会最強の存在と呼んでも過言ではない。

役人稼業を何十年も続け、しかも次官にまで登り詰めれば、常識を失い、精神が歪む。異様な万能感に漂わせつつ、怪しげな文書をネタに官邸を非難するM川助平(仮名)など、その典型だ。

でっち上げのスキャンダルを、虚実取り混ぜたスクープで売上げを伸ばす週刊誌や、安倍首相の葬式を上げると息巻く反日捏造新聞に持ち込むその姿は、あまりにも醜くおぞましい。


 shuukan kaishun.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 15:21| Comment(149) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

ダウンしたルペン氏に一言

仏大統領選は、マクロン氏のパンチが炸裂した。得票率で65:35の大差がつき、ルペン氏がマットに沈んだ。

メディアによれば、排外主義に凝り固まった危険な極右政党を、常識的な中道派が制した、と云う話になる。

あるいは、自国第一主義を掲げる大衆迎合主義に踊らされなかったのは、自由博愛平等の精神と健全な知性によるものだとかw

まあ、典型的な偏向報道だ。


le pen vs macron.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 20:36| Comment(151) | TrackBack(1) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする