2021年09月18日

キューピーちゃんの姿

1週間ほど前、TBSの「ひるおび!」なる番組で、コメンテーターの八代英輝弁護士が「共産党は暴力革命を党の要綱として廃止していない」と解説した。

ソフト路線をアピールする共産党として、真実の暴露は許せなかったか、志位和夫委員長が即座に「事実無根の卑劣なデマ」と反撃し、番組に謝罪と訂正を求めた。

党側の執拗な要求を受け入れ、数日後の放送で、八代さんは神妙な面持ちでこう語る。「私の発言は、閣議決定された政府見解に基づいたものでした」

そして続けた。「一方、日本共産党はそれをたびたび否定していることも合わせて申し上げるべきでした。申し訳ありませんでした」

うわはははは。「虚偽発言」のレッテル貼りを狙う共産党は、さぞ仰天しただろうw。八代さんは詫びる格好で、訂正どころか主張の裏付けを示したのだから。

翌日には加藤官房長官が定例記者会見で、「政府として日本共産党の暴力革命の方針に変更はないものと認識する」と公式見解を再確認して追い討ちをかける。

とんだ藪蛇だ。日頃、猫を被る共産党であればこそ、静観すれば済む話をわざわざつつき、テロリスト政党の危ない実態を世間に知らしめてしまった(笑)

もっとも、これまで日本共産党が数々のテロ事件の中核に居たことくらい、大人なら常識の範疇で、今更「暴力革命路線」と聞いても、頷くだけで驚きはしない。

世界中の共産革命は狂信者による血塗れの国家転覆テロだ。米国はじめ多くの国々が非合法とする共産党の存在と活動を、平然と許すわが国が異常なのだ。

いずれにせよ、目眩しのソフト路線とは裏腹に、共産党の実態を知り恐怖すべき、と警鐘を鳴らしてくれたTBS(?)と八代弁護士に感謝しよう。

但し、話はココで終わらない。「ひるおび」のスポンサー企業のひとつ、キューピー株式会社が、急遽、番組中のCMを取り止めるとの情報が飛び込んできたのだ。

えええっ!?老舗の大手食品企業が共産党系?・・・って、まさかなあ。なぜ、なぜなの?と首を捻りつつ、ふとこんな絵が脳裏に浮かぶ。


shii qp.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:55| Comment(26) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月13日

河野サン、墓穴を掘る

自民党の総裁選が盛り上がりを見せる。世間が注目する立候補者は高市早苗元総務相で、存在感の強烈さは居並ぶ岸田氏や河野氏の姿を霞ませてしまう。

出馬会見動画の再生回数は瞬く間に100万回を突破したとか。国家・国民への真摯な思いを、具体的且つ明解な政策として示す「鉄の女」の登場に日本中が沸く。

経済政策にせよ、国防にせよ、靖国参拝にせよ、真っ当な見解を語れば語るほど人気の高まる高市氏。マスゴミが泡沫候補扱いするのは最早、不可能だろう。

逆に、語れば語るほどボロが出るのが河野太郎大臣か。突然、拉致被害者奪還を願うブルーリボンバッジを襟に着けたところで、言葉の端々に危うさが潜む。

エネルギー政策を語る際、わざわざ「いずれ原発はゼロになる」と前置きするのは、根っからの反原発屋ゆえか、あるいは、山本太郎のお友達だからか。

皇位継承について、政府有識者会議の議論を尊重するとは云うものの、皇統の継続性を尊重する気はないようで、女系天皇の容認姿勢が見え隠れする。

さらに、首相の靖国参拝は日中共同声明の合意に反すると、まるで中共政府みたいな台詞を吐く。靖国を廃して無宗教の追悼施設(?)を望むあたりは狂気の沙汰だ。

「外国人を批判して自らの鬱憤を晴らす排外主義者」を非難する立場と聞くが、日本を批判して鬱憤を晴らす不逞外国人については、見て見ぬフリらしい。

なるほど、マスゴミが次の総理候補第1位とモチ上げるのも無理はない、と漸く納得出来たがw、保守政党のリーダーに相応しい人物でないことは明白だ。

「星にだって手が届く」とか、吟遊詩人シンジロウみたいな空虚な言葉も哀しい。このヒト、総裁選の立候補を通じ、己の墓穴を掘るようにも見える。


kono digging grave.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:59| Comment(47) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月02日

娘の新婚生活を覗くお姿

**********************
臨時休業のお知らせ
いつもご愛読ありがとうございます。誠に勝手ながら、
9月5日ー9月11日は休業とさせて頂きます。
コメント投稿並びにブログ更新は12日以降となりますので、よろしくご理解のほどお願い申し上げます。
**********************

父親たる者、手塩にかけた娘を嫁に出すほど辛いモノはない。ほほう、相手は立派な若者じゃないか、と上っ面で納得しても、気持ちが追いつかず取り乱すのが常。

ロクでもない男なら尚更だ。金も力もないプー太郎で女タラシ、将来性に乏しく、挨拶ひとつ出来ない礼儀知らずと知れば、ゆゆゆ許さん!と血相を変える。

無論、愛娘の嫁ぎ先となる以上、男の血筋や家庭環境も心配でならない。親兄弟姉妹や親類筋に至るまで、社会的あるいは経済的な問題を抱えているようじゃ困る。

幾ら憲法が「婚姻は両性の合意のみに基いて成立する」と規定したところで、家同士も親戚として末長く付き合うのだから、両家の程良いバランスも必要だろう。

あれこれ考え出すとキリはないが、ヘンに反対すると、若い二人が余計に燃え上がったりするのでややこしい。泣くの喚くの、死んじゃうの、ってな騒ぎに成りかねない。

ああ、困った、困ったと悩むうち、娘が駆け落ち同然で惚れた相手と一緒になってしまう。娘の幼い頃の写真を眺め、父親がはらはらと落涙するのは、こんな時だ。

振り返れば、蝶よ花よと甘やかし、真っ当な躾を放棄した己が悪い。世事をよく教え、オトコの見極め方を叩き込むべきだったと、自業自得を嘆くばかりか。

さて、巷でよく聞くこの手の話。やんごとなき人々であれば、悩みや悲しみは庶民のソレの何倍にも膨れ上がる筈で、さぞや宮殿で身悶えしておられることだろう。

世間知らずでウブなお姫サマが、あんなゲスな野郎と暮らしていけるのか?と不安に苛まれ、新婚生活をこっそり覗きに行きたくなるのではないか。


mrs. mako komuro rev.jpg

続きを読む
ラベル:秋篠宮家 結婚
posted by yohkan at 09:12| Comment(46) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月28日

誰が総裁選を制するか?

自民党の総裁選が9月17日告示、29日投開票と決まった。菅総理が再選に意欲を燃やすと聞くが、就任後僅か1年ゆえ、続投を望んだとて不思議はない。

差し当たり、ガースーが総裁の座を明け渡すべき理由は見当たらない。万事手堅く卒無くこなし、さすがは安倍前総理が後を託した実力者だと感心する。

わが国のコロナ禍が軽微な「さざ波」ゆえ、当初は入手困難と見られていたワクチンを大量に確保し、国民への接種を効率的に爆速で進めてくれた。

携帯料金の大幅値下げ、原発処理水の海洋放出決定、東京五輪開催の成功に加え、学術会議の問題を炙り出すなど、短期間に成し遂げた功績を数えたらキリがない。

不安視されていた外交面でも活躍し、日米豪印による対中包囲網の強化、台湾へのワクチン供給、アフガンへの自衛隊派遣など、安倍路線を忠実に踏襲する姿が嬉しい。

但し、ガースーには弱点が三つある。ひとつ目は外見だ。チビでハゲに加え、どんよりした目付きと暗い表情は、政治家として容貌上の基本的欠陥に他ならない。

ふたつ目は演技力の欠如か。偏向報道に徹するマスゴミ相手に訥々と語るばかりで、華やかなパフォーマンスを用いて、堂々たる存在感を示す能力に乏しい。

みっつ目は選挙の下手糞さだ。自民党が衆参補選、都議会選、横浜市長選と負け続けたのは、状況判断の甘さもさることながら、指導力不足が真の原因だ。

こう考えると、実績と弱点を天秤にかけ、さあ、どちらが重いのか。来たる総選挙を睨み、ガースーが看板でいいのか?と、党内で疑問が呈されるのも無理はない。

確固たる地盤を有する古参議員なら兎も角、コレと云った支持層すら形成出来ぬまま、安倍人気にあやかって楽勝してきた新人議員なら、不安に苛まれるばかりだろう。

では、誰が総裁選レースを制するか。早々に名乗り出た岸田前政務調査会長ではない筈だ。街ですれ違っても気付かぬような平凡な人物は、党の顔に相応しくない。

下村政務調査会長はベテラン政治家ではあれ、巷ではシモムラって誰よ?ってな存在だ。何故、突如、立候補に意欲を燃やし出したか、さっぱり分からない。

正論で保守派を感激させる高市前総務大臣とて、大所帯を率いる指導者足り得るか疑わしい。自民のコア支持層を繋ぎ止めんと、愛国調アピール目的の立候補にも見える。

他にも、マスゴミが人気者と持ち上げる裏切り石破や脳足りんシンジローなどがいるものの、党内の味方はごく少数だ。所詮は推薦人すら集まらぬピエロに過ぎない。


jimin sosaisen suga.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:25| Comment(61) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月21日

ワクチンパスポートで「お得感」

菅首相の顔色が冴えない。死んだ魚の目を思わせる虚な眼差しには、精気が感じられない。聞けば就任以来、休日なしとか。疲労困憊するのも無理はない。

休暇を罪悪視する日本社会の旧弊は否定できずとも、盆と正月を返上すれば、賞賛を浴びる時代でもない。夏休みくらい上手く日程調整すればいいのに、と思わざるを得ない。

何をしようと、マスゴミの執拗な非難や反日野党の陰湿な攻撃に晒される立場では、おいそれと休日を楽しむ気にならないのは分かるが、発想を変えるべきだろう。

ワクチンの大量供給確保や接種の迅速化、雇用の維持は見事な成果だし、無観客とは云え、オリンピック・パラリンピックの開催も、首相として胸の張れる実績だ。

懸案の新コロに就いても、テレビは新規感染者、即ち陽性者の数字を報じ、若者の感染だ、デルタ株だと騒ぐが、厚労省の発表数値を見れば、何ら心配する状況ではない。

ワクチンの普及で重症者数や死者数は減っているし、若者は仮に感染しても軽症で済む。データが示す通り、日本は世界最高レベルで感染を抑制中だ。

詰まるところ、偏向報道で悪印象が拡散しただけなのだから、ワクチンの効能効果を国民に再認識させ、菅政権に感謝と尊敬が集まるよう仕向ければいい。

そこで提案したいのが、国内におけるワクチンパスポートの活用だ。大多数の国民にとって接種が可能となった今だからこそ、楽しい「お得感」を演出して欲しい。

接種完了証明に対する買い物、飲食や旅行、宿泊、観劇や芸術鑑賞、娯楽施設の代金割引やフリークーポン供与を政府が推奨すれば、ビジネス振興に役立つ。

昨年実施して好評を得た Go To キャンペーン同様、政府が補助金を出すのもいいだろう。コロナ禍で疲弊した産業を幅広く救うと考えれば、正しい政策だ。


corona vaccination logo.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:05| Comment(41) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月15日

右に回ってグルっと左

数日前、高級ブドウ「ルビーロマン」は石川県でのみ生産される筈なのに、知らぬ間に韓国産の同品種が販売されている、との報道に溜息をついた。

ブログ主はKg当たり数万円のブドウとは無縁な庶民だが、カーリング日本代表チームがモグモグタイムに食したイチゴを思い出し、また盗まれたのかよ、と不快になる。

韓国の栽培農家は「先進国の立場で大目に見てほしい」とヌカし、現地の苗木販売業者は「すべて中国から輸入している。文句があるなら中国に言え」と開き直るとか。

舐めんじゃねえよ、と腹立たしいが、中国の手先が日本産高級種苗を盗み出し、遵法意識の欠片もない韓国に売りつけるのは、如何にも有りそうな話だ。

今春施行の種苗法がこの手の犯罪を防止する。旧法改正に反対したのは、立憲民主党や共産党、柴崎コウちゃん(美人は許すけどw)など敵側の連中だったとよく分かる。

残念なのは、パヨクのみならず一部の保守派までが「日本の農業を守るべく」悪法を許すな、と反対論を唱えていたことだ。あっさり騙される愚かさが悲しい。

似たような例で、TPP締結を亡国政策と決めつけ、「日本を米国に売り渡すな」「主権を放棄するな」とヒステリックに喚き、意図せず中国に寄り添った自称保守派を思い出す。

国思うが余りとは云え、ズンズン右方向に回るうちグルっと左側に逝っちゃ、笑うに笑えない。パヨクの扇動に乗せられるなら、単なるお馬鹿さんだ。

そう云えば、昔も同様、226事件のテロ将校共も表向きこそ右翼を装いながら、ヒトラーの国家社会主義やスターリンの共産主義に憧れる「左巻き」ばかりだったっけw

さて、このところ、マスゴミが変異株の脅威と感染爆発を大袈裟に煽り、極端な人流制限を求めるエセ学者の貧相な面をクローズアップして喜ぶ日々が続く。

菅政権による急ピッチなワクチン接種のおかげで、重症者・死者数は激減中で、国際比較で「さざ波」程度だった感染状況が「凪」状態と化したにもかかわらずだ。

延々と恐怖情報を垂れ流す敵陣営は、日本経済の疲弊と政界の混乱を生じさせ、特亜寄りの政権交代を再現しよう、との邪悪な意思を持つと悟らねばならない。


right to left rev.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:15| Comment(66) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月08日

4人の金メダリストを称えよ!

東京オリンピックが幕を閉じる。朝から晩までテレビに齧り付き、日本選手の活躍に胸を震わせ、勝利に歓喜する日々が終わる。祭りの後はいつもちょっぴり寂しい。

感動をありがとう。素晴らしい体験をありがとう。希望や誇りを与えてくれてありがとう。大会を成功に導いた全ての選手や関係者に、心より感謝の意を捧げたい。

なかでも東京五輪の招致と開催を実現してくれた4人の功労者に対して、最大級の賛辞を送るべきだろう。困難を乗り越え、国民の夢を叶えた偉大な指導者たちを称えよう。

先ず石原慎太郎元都知事だ。派手な祭りをドンとやって日本人を元気にしよう、とブチ上げた氏の念頭には、かって高度成長の起爆剤となった64年東京大会があった。

国威発揚の場を真剣且つ具体的に求めた愛国心と信念に頭が下がる。諸施設の建設など東京湾岸地域の再開発は、無能な後継知事どもには到底出来ない芸当だった。

次は森喜朗前組織委員会長か。2016年大会招致がIOCで否決され、大いに落胆した石原都知事を鼓舞して、2020年への再挑戦を促したのは森さんと聞く。

当初誰もが不可能と見ていたラグビーW杯の日本招致など、長年に亘り国際的スポーツ界で発揮してきた氏の政治力や指導力があればこそ、東京五輪の開催が可能となったのだ。

森さんほどの実力者が、マスゴミのでっち上げた「女性差別発言」とやらで、組織委員会を追われたのは残念でならない。是非、五輪の名誉最高顧問として復活頂くべきだろう。

3番目は我らの安倍前首相だ。巧みな外交力と華やかなパフォーマンスで、IOCのみならず、広く国際社会に東京招致を認めさせた手腕の見事さに脱帽せざるを得ない。

如何に日本の存在感を高め、国民の幸福度を向上させるか。その熱い思いが、リオ五輪閉会式における安倍マリオとして結実し、世界中から大喝采を浴びた。

最後は菅首相だ。五輪直前、いや開催に至っても尚、中止せよと騒ぐパヨクの圧力に屈することなく(と言うか、元々、首相に中止の権限はないけれどw)大会実行を貫いた姿勢を評価したい。

人数を絞って有観客の筈が、ヘタレて無観客としたため、経済効果を縮小させたのは残念だが、偽の感染爆発で大騒ぎするマスゴミの総攻撃を思えば、已むを得ない決断だったろう。


Tokyo2020 olympicspsd.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:25| Comment(105) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月31日

反五輪選手権の表彰式

ううう、面白え〜。テレビ桟敷でひたすら東京五輪を観戦する日々が続く。手に汗握って日本選手の活躍に心躍らせ、勝利に歓喜する。若者たちの涙に、こちらも貰い泣きする。

予想を遥かに上回る金メダルラッシュ。自衛隊による日章旗掲揚と君が代演奏が美しい。選手の皆さん、感動を与えてくれて有難う。全日本国民がそう感じているだろう。

と思うのだが、そこかしこに五輪反対に凝り固まった連中がいる。日本代表の躍進が余程気にいらないらしく、既に会期中盤に差し掛かっているのに、即刻中止せよ!と喚く。

あるいは、大会の運営から選手村まで、虚実取り混ぜ、と云うか、殆ど嘘かw、あらゆる事象にイチャモンをつけ、東京五輪を貶す。政府や東京都、IOCからJOCなど関係者を非難する。

かと思えば、若者の重症化だ、変異種だと騒ぎ、陽性判定者を感染者と呼び、SF映画みたいな「感染大爆発」の恐怖説を拡散し、五輪に沸く国民に冷や水を浴びせる。

気付けば、この手のパヨク活動も或る種の「運動」には違いなく、ソレなりのランク付でメダルを授与するのも一興ではないか。と云うことで、本日は反五輪選手権の表彰式を行う。

先ず第3位は、内閣の諮問機関たる分科会だ。専門家として感染状況の分析や予測を行い、政策決定に際し助言する立場の筈が、半ば反政府運動を堂々と繰り広げる異常な組織だ。

荒唐無稽な40万人死亡説を唱える非常識な奴までいて、所詮は学者馬鹿の集まりか。人流の抑制を主張するだけで、根本的な医療制度の欠陥には完全スルーを決め込む。

こんな連中の戯言に従い、政治判断から逃げるのが悪いと考えれば、むしろ現政権こそ罪深そうだが、分科会の迷走ぶりが際立つので、尾身センセイには表彰台に上がってもらう。

第2位は南鮮だ。反日垂れ幕から日本産食材の拒否、大会を貶める嘘ツイートの数々、伊藤美誠選手に対するレーザー照射まがいのLEDライト攻撃など、卑劣な嫌がらせを重ねる。

さっさとボイコットすりゃ良いのに、文句垂れつつ参加したのは、ジャパンディスカウント活動にとって格好のネタと見たからか。東京五輪を偽売春婦像扱いされちゃ堪らない。

早々と大会参加を諦めた北鮮のメンツを考慮しているのか、世界各地で今も尚、執拗に五輪中止デモを行う、間抜けな熱心さは堂々の銀メダルに値するだろう。

そして、輝く第1位。東京新聞など地方紙も無理筋な五輪批判に徹しているようだが、胸に金メダルを飾るべきはマスゴミ中のマスゴミ、屑中の屑、朝日新聞を置いて他にない。


anti tokyo olympics medalists.jpg

続きを読む
ラベル:東京五輪 反五輪
posted by yohkan at 13:00| Comment(135) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月25日

頑張れ、ニッポン!

すぎやまこういち先生のゲーム音楽と夜空に浮かぶドローン芸術、無病息災をもたらす市川海老蔵の睨みが登場しなければ、五輪開会式は惨めな大失敗に終わったろう。

人権や多様性をヘンに強調するかと思えば、見窄らしい衣装の素人集団がくねくねと身を踊らせ、なぜか、お手々繋いで「イマジン」を合唱するとは、パヨクの学芸会かw

稚拙で冗長な式典は退屈極まりなく、電通のサラリーマンによるヤッツケ仕事なら、こんなモノかと呆れるばかり。おためごかしの企画や演出に、大手広告代理店の卑しさが垣間見える。

仮に、MIKIKOさん、野村萬斎さん、椎名林檎さんなど当初選ばれた稀有な才人たちが活躍したのなら、どんなにワクワクする素敵な開会式になっていたかと気にかかる。

幻と消えたMIKIKO案は、オープニングで「AKIRA」のバイクが会場を駆け抜け、スーパーマリオが競技を紹介する予定だったとか。う〜む、ソレ見たかったなあ。残念だ。

もっとも、マスゴミや反日野党が反五輪の狼煙を上げる中、小池&都民ファーストの謀略で無観客に追い込まれたとは云え、無事、開催に漕ぎ着けたのが何より嬉しい。

聞けば、開会式の最中も、100名ほどのプロ市民が国立競技場の周辺に陣取り、珍妙なリズムで太鼓を叩き「命を守れえ!」「即刻中止せよ!」と奇声を発していたとか。

密状態で大声で唄うように喚く姿は、明らかにコロナなど恐れちゃいない。ワクチン接種済みの高齢パヨクが日当ウン万円目当てでデモごっこかヨ、と嗤ってしまう。

いずれにせよ、パヨク連中が五輪中止を決して諦めてはいないのは確かなようで、開催期間中にどんな卑劣な工作を仕掛けてくるか分からないのが薄気味悪い。

五輪運営組織内部に侵入した敵勢力が、嫌らしい策略をあちらこちらに仕込んだに違いなく、時限爆弾のように次々と炸裂するかも?と不安が頭をもたげる。


anti olympics.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 13:26| Comment(99) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月21日

ストーカーの撃退法

ストーカーはstalker。意味するところは stalkする人(er)で、つきまとう奴だと分かるが、ソコは横文字言葉の悲しさか、概念が今ひとつ曖昧な気がしてならない。

詐欺、脅迫、窃盗、殺人等々、文字面で悪行が具体的に分かる犯罪に対し、モヤッとして大雑把な感が否めない。「付き纏い行為」と呼んだとて、その印象は変わらない。

学者や法律家が頭を捻っても、適切な日本語訳に思い至らなかったか。英語をカタカナに置き換え、2000年に「ストーカー規制法」が成立して、今日に至る。

同法は、恋慕や怨恨による待ち伏せや尾行、執拗な電話やメール、面会要求など、付き纏い行為の繰り返しを犯罪と規定し、警察による警告や接近禁止命令、罰金や懲役刑を可能とした。

但し親告罪ゆえ、警察は被害者の通報で初めて動く。頭のおかしい手合いの行動は予測も出来ず、監視もままならない。粘着的な迷惑行為を防ぐのは困難だ。

聞くところ、ストーカーの多くは思慮浅く、嫉妬深く、客観的な現実認識が出来ず身勝手な脳内妄想に走り、息吐くように嘘をつく。見栄っ張りで、頻繁に法螺を吹く。

異常なほど自己愛が強く、プライドは高いが己に自信がなく、根深い劣等感に苛まれるのが常とか。道徳観念や倫理観、恐怖などの感情に乏しい、サイコパス的な傾向を持つ。

理想と現実が噛み合わない場面に遭遇すると逆上し易く、愛着や憧れが相手に伝わらぬと、激しい嫉妬や憎悪を抱く。あっさりと「愛が憎しみに変わる」パタンに陥るのが厄介だ。

ストーカーについてこう書くと、南鮮の文ちゃんが脳裡に浮かぶ人々も多いだろうw。五輪絡みで執拗に日韓首脳会談を求めてきた姿勢は「付き纏い行為」に他ならない。

一連の反日的愚行に関し謝罪や反省の意は示さず、五輪を南北対話の機会にせんと画策したり、日本政府の対韓輸出管理厳格化を撤回しろと迫ったり、狂気の暴走が止まらない。

ボイコットの期待を裏切って来日した南鮮選手団の反日垂れ幕騒ぎや、福島産食材に対する風評拡散行為も、文ちゃんと軌を一にする陰湿な嫌がらせで、迷惑極まりない。

最終的に大統領自ら訪日を諦めたと知り、安堵したが、その直前、二階幹事長はじめ親韓派議員が来日を要請したとの報道に触れ、仰天したり怒ったり随分気を揉んでしまった。


moon olympics stalker .jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:45| Comment(82) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする