2022年09月23日

「国葬ガーッ」もあと数日

三権の長や政財界の代表に加え、海外から数多の要人が参列する国葬が目前に迫る。不届者が跋扈する昨今、万全な警戒の下、立派な式典を厳粛に挙行して欲しい。

この期に及んで尚、アベガー族や反日野党による国葬反対の絶叫を聞くが、いちいち耳を傾ける必要はない。賛成・反対が拮抗して国論を二分なんて嘘ばっかりw

47都道府県知事のうち、欠席表明は長野・静岡・沖縄のみ。全国1794自治体で、国葬反対の意見書や決議を出したのは僅か12。統計学的には反対派など無視していい。

ごく少数の反対意見をマスゴミが大袈裟に喧伝しているのは自明で、ワイドショーカルトに易々と騙される情弱高齢者を除き、モノ云わぬ大衆は賛成と見て間違いない。

そもそも、パヨクの唱える反対論は無根拠だ。内閣府設置法による閣議決定は法的要件を完璧に満たしている。コレに異議を唱え、国会承認を求めるのはイチャモンの類だ。

「税金がーッ」と喚く手合いもいるが、数十億円を政府の予備費から捻出したとて何の問題があるのか。警察の警備費は通常の予算内で追加支出に悩む筋合いでもない。

近頃マスゴミが騒ぐ旧統一教会批判は、モリカケ・桜方式を踏襲する中身のない「悪」のレッテル貼りだ。刑事責任を問うスキャンダルではないし、国葬と何ら関係がない。

パヨク陣営が仲間の結束を促しつつ大衆扇動を謀り、印象操作で「共通の敵」をでっち上げるいつもの手口だが、大事な国葬が赤い政治闘争ネタにされるのは悲しい。


payoku placards.jpg

続きを読む
ラベル:国葬 安倍晋三
posted by yohkan at 12:50| Comment(43) | TrackBack(0) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月17日

「日中友好侵略史」

自国EEZに弾道ミサイルを撃ち込まれても、毅然とした抗議すら出来ない日本。何事もなかったかのように、日中首脳会談開催を唱える軟弱さは常識の範疇を超えている。

香港やチベット、ウイグルにおける人権弾圧への国会非難決議も、詰めの段階で肝心の自民・公明が文言の修正で骨抜きにするあたり、中国に怯えるヘタレぶりがよく分かる。

反日野党は云うに及ばず、マスゴミから経済界、学界や官界、法曹界など、中国サマを代弁する姿勢には慣れっこだが、政権与党までが敵に擦り寄ってどうする、と腹が立つ。

同時に、何故こんな状態に?と疑問が湧く。世界標準に照らせば中道やや左寄りではあれ、日本国内では右派と見做される自民党がここまで中国に阿るのはヘンじゃないか。

敵の工作が余程巧みなのか?と首を捻るばかり。と、その疑問に答えてくれる本が登場した。作家・ジャーナリストとして活躍する門田隆将氏の「日中友好侵略史」(産経新聞出版)だ。

当ブログの読者、みぃさんに教えて貰った同書、早速購入して一気に読む。ううむ、そうだったか。日中国交正常化から半世紀、「友好」と称して侵略された経緯がよく分かる。

50年前、文化大革命の失敗とソ連との対立で疲弊した中国に、無為無策のまま乗り込んだのは、権力欲と功名心漲る田中角栄首相と奇妙な贖罪意識に囚われた大平正芳外相だった。

周恩来に腹ン中で小人と侮られながら、徹底的に利用された田中・大平コンビ。彼らが持ち帰った赤いウイルスが増殖に増殖を重ね、自民党を腐らせ、日本の国力を奪った。

支那女工作員との関係が噂された橋本ポマード龍太郎や、天安門事件で孤立する中国を天皇訪中で救った宮澤喜一など、戦犯級の首相は他にもいるが、元を糺せば田中と大平が悪い。

無論、敵側の事前工作も見逃せない。共産主義者の元家族や、石原莞爾の容共「妄想」に心酔する古参政治家、あるいは野党勢力を使い、蟻地獄の落し穴を周到に準備した。

嵌められた田中と大平は、ソレまでに築いた日華関係をぶち壊して台湾を踏みにじり、後ろ足で砂をかけた。目先の利益を追い、義理も信用も、恥も外聞もかなぐり捨てた。

ここで背筋がゾッと寒くなる。現政権の主要メンバーは宏池会と旧田中派の末裔にしてバリバリの親中派、方や中国の対日工作はエスカレートするばかり。このままでは日本が潰れる。


nicchu yuko shinryakushi.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:33| Comment(68) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月10日

日本人の宗教

「あなたの宗教は?」を尋ねられると、日本人の多くが「無宗教」と答えるらしい。コレが海外であらぬ誤解を招く。神をも認めぬ野蛮人か、猿以下かと顰蹙や軽蔑を買う。

実際は無宗教ではなく、特定宗教に拘らないだけだ。神社への初詣や神輿を担ぐ祭り、墓参り・お盆の先祖供養、年末のクリスマスと宗教性溢れる行事が生活を彩る。

例え一攫千金や受験合格、交通安全、恋愛成就や病気平癒等々の現世利益の祈願であれ、そこには高次の霊的存在に対し手を合わせる宗教心がある。

但し、日本人の信仰心は確かに薄い。祈りの対象が絶対的価値を有するとは思わず、無条件に帰依するつもりなど毛頭ない。献身的姿勢を示す様子もなく、敬虔さには程遠い。

日本独特のカジュアルで軽やかな、と云うか、かなりイイ加減な信仰のあり方は、万物に宿る霊魂を祀るアニミズムの感性が古代から脈々と受け継いでいるからか。

あるいは、教義と無縁な神道の影響か。(明治政府は神道の国教化を意図したものの、ドグマの欠如で頓挫し、仕舞いには宗教ではなく国家祭祀に過ぎぬと認めた)

いやいや、数々の宗教行事に携わり、精神世界を尊重しながらも「無宗教」と自覚するのは、かって山本七平氏が指摘した通り、多くの日本人が「日本教」の信徒だからだろう。

山本氏によれば、究極の神を認めぬ日本教は「人の和」に至高の価値を置く。集団への同調のみを尊ぶ社会では、論理や倫理の明確な宗教など成り立ち得ない。

そもそも信仰も信念も、善悪の基準すら然したる意味を持たない。仲間や味方との同一感に酔い、運命共同体ごっこに興じるだけなら、個々の意思や判断はむしろ邪魔になる。

気配を察し空気を読み、雰囲気を乱さず流れに乗る。社会や組織の強者による上意下達に、疑義を呈さず抵抗もせず、従順に振る舞うことこそが、日本教徒の信仰心の発露だろう。


yamamoto shichihei.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 12:05| Comment(126) | TrackBack(0) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月03日

関係を断つ!?

狂気の魔女狩り報道が続く。統一教会を悪魔と呼び、善良な市民を惑わすカルトと非難する。彼らと関係があった自民党議員を次々と魔女に仕立て、私刑で虐め抜く。

立憲など野党議員の関係が暴露されても、そっちは無視。統一教会傘下のUPI通信から記事配信を受けている事実には一切触れようともせず、さすがマスゴミ様は面の皮が厚い。

政治家の挨拶や祝電、各種団体や組織の訪問、頭を下げて選挙の協力・応援を仰ぐのはシゴトの範疇ゆえ、コレを関係と呼ぶなら、そりゃ関係はあるだろう。

そもそも関係なる言葉は曖昧だ。しかも手広く事業を営む教団の関連団体とやらを対象に、巷で相手と袖触れ合うのが「関係」なら、誰だって全否定はし難い。

ソコに突け込む形で反論を封じ、無理やり魔女と決めつけるマスゴミの所業は、逆さ吊りや水責め、火炙りで自白を強要した中世キリスト教社会の異端尋問にも似る。

宗教団体であろうとなかろうと、犯罪なら法に則り警察が取り締まればいい。統一教会ネタで逮捕沙汰を聞かぬのは、コレと云った現在進行形の犯罪が無きに等しいのだろう。

鰯の頭も信心から、と云う。新興宗教なればこその奇妙で胡散臭い折伏や儀式があっても、ソレ自体は犯罪の構成要件ではない。信教の自由は守られるべきなのだ。

にもかかわらずだ。岸田自民党総裁が統一教会との「密接な関係を持っていたのではないかとの懸念や疑念の声にお詫びする」と謝罪した上、「関係を断つ」と宣言した。

うん?会見を見て、目が点になってしまう。キッシーは何を詫びているのだろう?魔女狩の不当性こそを糾弾すべき立場で、謝罪する筋合いじゃない筈だ。

縁を切るぞ!と大見得を切りたかったのかも知れないが、選挙運動に際し、いちいち支援者の思想調査をする気なのか?おいおい、あっさり「信教の自由」を侵害してどうする?

相手はヤクザなマスゴミゆえ、面倒だからゴメンねと頭を下げるのなら、国家の指導者として無責任過ぎる。素直に謝罪するオレってカッコいいと信じるなら、勘違いも甚だしい。

あるいは、選挙民などテレビに感化され易いナイーブで無知無能な子羊ばかりと舐めてかかり、ワイドショーの洗脳工作に乗るのが得策とでも、キッシーは思い込んだか。


tv stray sheep.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 17:00| Comment(81) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月27日

眠れるキッシーが覚醒?

おおお、キッシーが薄目を開けたか。原発の再稼働や運転期間延長に加え新設推進の方針を打ち出し、新コロ対策では無意味な全数把握とやらを見直す旨表明した。

本人が新コロに感染し熱でもあったのか、あるいは安倍さんの御霊が乗り移ったかw。いつもはコトなかれに徹し、歯切れの悪い検討使の唐突な変貌ぶりが嬉しい。

案の定、マスゴミは支持率の大幅低下を喚き出し、岸田政権の足を引っ張るつもりらしいが、元々大した根拠のない数字の増減に踊らされても意味はない。

キッシーよ、奴らがでっち上げるニセ世論など相手にするな。ダンテ風に諭すなら「お前はお前の道を進め、マスゴミには好きなことを言わせておけ」

と思っていたら、あれ?・・・来たる国葬に際し、政府は自治体や教育委員会に対して弔意表明の協力を求めないとの報道を耳にする。おいおい、ナンだよソリャ。

弔意の強制につながりかねぬとの批判や国葬反対の声を懸念したらしいが、安倍さんのご逝去を心から悼み、生前の偉業に感謝する大多数の国民を無視しちゃいけないぜ。

政府が国葬に相応しい行動を呼びかけて、一体何が悪いのか? 役所や学校が半旗を掲げないとは無様過ぎる。日本武道館に参集する世界の要人に対しても失礼だ。

ヘンなところでマスゴミに迎合すれば、己の無能ぶりを晒す。叩かれてもいいから、安倍さんみたいに毅然と筋を通せば世間は支持すると、なぜ理解できない?

統一教会ネタもそうだ。団体と関連があるのないの、珍妙な魔女狩り報道に屈せず、米子市長や二階元幹事長に倣い、首相らしく堂々と正論を述べるべきじゃないか。

「思想信条がどうであろうと話をする。悪質商法が問題なら司法が対処する。過去の犯罪歴だけで差別はしない」との伊木隆司米子市長の主張は100%正しい。

二階さんが語る「応援してくれる人たちを選択する権利など無い」には誰もが納得する。「『電報を打ってくれ』って言われりゃ打つ」のが政治家のシゴトだろう。

相手が宗教団体であろうとなかろうと「『応援してやろう』に『よろしくお願いします』は、商売人の『毎度ありがとうございます』と同じ」なる言葉は真実だ。


sleeping lion kishida.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 15:25| Comment(88) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月20日

暗殺の陰謀を語れ

安倍総理暗殺から早や1ヶ月半。世界を揺るがす大事件にもかかわらず、真相究明がなされる様子はなく、具体的に何が起きたのか、判らぬまま日が過ぎる。

統一教会報道で祭り状態と化すマスゴミは、山上徹也の気の毒さを強調する一方、元首相の自業自得か因果応報と貶め、事件の詳細には触れようともしない。

もっとも「そうか、悪いのはカルト教団か。ナニッ?自民党は今も関係がある。そりゃケシカラン」と、ワイドショーに乗せられるのは単純・素朴な情弱高齢者だけだろう。

既にZAKZAKなどが、7月末予定の安倍氏訪台を阻止せんと、中国が報復を仄めかすなど水面下で日本政府を脅迫し、中露や北朝鮮の工作員も動いたと報じている。

暗殺は敵国の謀略と多くの人々が朧げながら感じている筈で、20年も前に母親が破産した銃マニアによる「単独犯行説」は珍妙過ぎて、世間が納得しない。

あんな玩具に殺傷能力があるのか?と疑問を感じたアメリカ人が、山上式手製銃を作って実験したら、弾は飛ばぬのに射撃時の反動だけが大きくて、使いモノにならなかったと聞く。

そもそも散弾銃が本当なら、なぜ、周囲で誰ひとり被弾しなかったのか。銃弾を撒き散らした形跡なく、安倍さんに命中した弾は体内で消滅したなんて、ふざけるにも程がある。

他にも銃創と弾道に関する病院側説明と警察発表の喰違いや、「山上さま、撃ってください」と云わんばかりの杜撰な警備体制など、重大な疑念が放置されたままだ。

政府がダンマリを決め込もうと、マスゴミがフェイク報道に徹しようと、人々の推理や断片情報がパズルのピースのように繋ぎ合わさり、暗殺の全貌を浮かび上がらせるだろう。

1963年のケネディ大統領暗殺事件は、米政府による段階的情報公開を得ても尚、核心部分が推論の域を出ないが、陰謀に関する諸説が論じられて久しい。


abe kennedy assasination.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:40| Comment(90) | TrackBack(0) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月13日

暗殺直後の岸田と林

安倍総理はもういない。幾ら望んでも、夢見ても、偉大な指導者は帰って来ない。第三次安倍政権発足への期待は泡と消えた。泣こうが喚こうが、どうしようもない。

ゆえに、岸田政権の高支持率は徐々に低下する。昨秋の首相就任以来、マスゴミが政権批判を封じてきたのは、安倍復活を絶対に阻止したかっただけなのだ。

もはや状況が異なる。「付け火して 煙喜ぶ 田舎者」たるマスゴミ勢力は、政権与党を標的にスキャンダルをでっち上げ、あらぬ非難と誹謗中傷を繰り返すだろう。

と思っていたら、案の定始まった。連日、メディアに木霊する「統一教会ガーッ」の叫びは、嘘まみれの「モリカケ桜ガーッ」同様、虚しさと馬鹿馬鹿しさに満ちる。

半島系カルトを擁護する気など更々ないが、胡散臭さは全ての新興宗教に共通する。暗殺ネタで統一教会のみを取り上げ、宗教による政治への影響を問題視するのはヘンだ。

国政政党と宗教団体との密接な関係なら、公明党と創価学会は勿論、立憲民主党と立正佼成会も怪しい。狂人マルクスを教祖とするカルト集団・日本共産党は単独でも危ない。

こう書けば、いやいや、犯人山上の母親が統一教会の信者で、との話になるだろうが、そんな筋違いな解釈で、世界的に影響力ある政治家の暗殺は説明出来ない。

正確性を欠く手製散弾銃による凶行や、遺体の損傷に関する警察発表と病院側説明の喰違いなど、不可解さを無視して、狙撃犯が語る動機だけに拘るのは無意味だ。

世界が仰天した杜撰な警備体制に加え、事件後は現場を放置した奈良県警。都合よく犯人の自白をリークする姿勢は明らかに異常で、暗殺への直接的関与さえ疑わせる。

にもかかわらずだ。国家の運営を担う岸田政権は、暗殺の全貌を捉える構えなど見せはしない。まだ安倍さんの四十九日も終わらぬうちに、大慌てで内閣改造に踏み切った。

しかも「統一教会ガーッ」のマスゴミ世論に乗っかり、同調し、関連団体との関連を殊更に取り上げて、岸防衛相を更迭し、安倍派の弱体化を画策するとは呆れるばかり。

年配者なら周知だが、統一教会の別看板たる勝共連合や世界日報は、冷戦時代を通じ日本の赤化を防ぐ反共団体として、保守系の政治家や論客と協力関係を維持してきた。

政治家の筆頭がかっての岸総理で、その後も、安倍派などの保守系議員が団体に祝電を送ったり、講演依頼に応じたりと云った付き合いは、当然あったろう。ソレって悪事か?

ここでふと思う。暗殺から内閣改造の前倒しと安倍派潰しに至る一連の動きが、余りに円滑で素早い。この用意周到さに不自然さを感じないか?


kishida hayashi smile.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 15:00| Comment(107) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月06日

林さんのポケット

ペロシ下院議長の台湾訪問は画期的な出来事だったが、マスゴミにとっては余程、視聴者の目に晒したくない話題だったのか。意外なほど報道が少なかった。

報じても、電撃訪台をペロシ氏のスタンドプレイと揶揄し、米中間の緊張を高めるだけと愚行呼ばわりして、習近平様が黙ってはいないぞ、との脅し文句まで付け加える。

そう云えば本件に関連し、暗殺された安倍総理が李登輝元総統の三回忌出席のため、7月末に訪台して講演する予定だったと、マスゴミが報じた様子はない。

「日米と台湾の密接な関係は隠せ」「中国の意向のみを伝えよ」との北京の命令には逆らえないのだろう。ここまでマスゴミは中国に支配されているのか、と呆れるばかりだ。

聞くところ、本来はペロシ氏が日本の国会で追悼演説を傍聴後に訪台し、故安倍総理の言葉「台湾有事は日本・日米同盟有事」を基に、蔡総統に台湾防衛の決意を示す意向だったとか。

コレに神経を尖らせた中国の圧力が追悼演説を秋以降に吹っ飛ばしたらしいが、臨時国会閉幕時に衆参両院議長が弔詞を捧げるくらいなら、予定通り実行すればよかった。

ペロシ氏来訪に慌てて大統領が雲隠れする韓国ほど酷くはなくとも、日本政府が低姿勢で弱腰だから、中国なんぞハリボテ国家に舐められてしまうのだ。

突如、人民解放軍が演習と称して台湾周辺海域で弾道ミサイルを撃ちまくり、一部は日本の排他的経済水域にも着弾したが、この暴挙に対し、簡単に電話の抗議で済ませたわが国。

一方の中共はわざわざ日本大使を呼び出し、G7外相会議の共同声明による「中国への不当な非難」に抗議した、と聞いて仰天する。えっ?撃ったのはテメエらだろよ!(怒)

さらに敵はカンボジアのASEAN外相会議で予定されていた日中会談もドタキャンした。別に会議などなくて構わないが、中国ごときが生意気ではないか!

と怒る様子もないのが、外務大臣の林(リン)さんだ。プヨプヨした表情とおどおどした態度はいつもの通り。恫喝を受け、悲しそうに目を伏せる姿が国民をイラつかせる。


hayashi pocket.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 12:05| Comment(78) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月30日

戦術としての暗殺

安倍ロスが続く。悲しみと寂しさが癒えず、喪失感に苛まれ、頭痛と眩暈によろめく。コレじゃいけない。偉業を偲ぶ保守系雑誌でも読み、元気を取り戻すか。

と買ったのが月刊Hanadaの9月号。安倍総理ご自身の絶筆はじめ、名だたる論客による渾身の追悼記事に触れ、心は感動に震えるが、元気は出ない。むしろ涙が出る。

そしてページをめくりつつ生前の偉大さを感じれば感じるほど、頼れる船長を失った日本丸は海図も羅針盤も持たぬまま、荒波に漂流してしまうのか?と不安に襲われる。

昭恵夫人が葬儀で語った通り、安倍総理が撒かれた種が芽吹くと期待したいが、花は咲くのか? 日本社会の土壌が腐っているなら、芽が出てもマトモには育たない。

詰まるところ、暗殺の号砲は日本を滅亡に追いやるターニングポイントになったと、後の歴史書に書かれぬとも限らない。いや、ソレこそが敵側の狙いに違いない。

国際協調による集団安保体制構築、憲法改正、富国強兵政策を率い、さらに第三次政権誕生の可能性すら噂された指導者の暗殺は、敵勢力による乾坤一擲の対日攻撃だったのだ。

敵軍の大将クビを獲れば味方の勝利との発想は、まるで戦国時代のようだが、そもそも現下の国際情勢は、群雄が割拠して覇権を争う戦乱の世に他ならない。

敵国にラッパ衆を送り込み撹乱工作や要人暗殺を謀るのは、低コストで効果的な戦術だろう。無論、「ヘイ、ヨー、メン♪♪」のラッパーではなく、忍者・スパイによる謀略だ。

国家間の熾烈な生存競争が絶えることはなく、妄想の平和主義が成り立つ余地はない。武力衝突があろうとなかろうと、政治や経済や情報、テロをも含む総力戦が続く。

勝者は敗者の領土と富を奪い、人々を支配下に置き人権を蹂躙する。この中世的発想にこだわる後進的な国家群が、21世紀の今に至るも、わが国の周囲には確かに存在する。


ninja assassin.jpg

続きを読む
ラベル:安倍晋三 暗殺
posted by yohkan at 13:29| Comment(105) | TrackBack(0) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月22日

そうだ、神社を創建しよう

安倍さんの訃報を伝える際、米英の報道機関は当然ながら事件を assassination と呼ぶ。他国については知らないが、同じく「暗殺」と訳すべき言葉を使うに違いない。

ところが、本邦マスゴミにとって「暗殺」は禁句らしい。事件発生直後から朝・読・毎・産・日経の五大紙は揃って「安倍元主張撃たれ死亡」と報じ、テレビ局もソレに倣う。

「撃たれ死亡」が事実ではあれ、山奥を彷徨うハイカーがたまたま熊狩りのハンターに誤射されたんじゃねえぞ、と違和感を覚える。今回の惨劇には馴染まない表現だ。

思うにマスゴミが「暗殺」を忌避する理由は、要人殺害の思想的動機を探り、歴史上の暗殺事件を取り上げたり、政敵の存在について語らざるを得なくなるからだろう。

日本国民が現実社会の危うさや国際環境の厳しさに気付き、脳内花畑の平和妄想から目覚めるのは、対日洗脳工作を担う彼らにとって、絶対に許せぬ事態なのだ。

もっとも、世間はマスゴミに騙されるほどウブじゃない。旧統一教会を逆恨みする中年の銃マニアに偶々撃たれ死んじゃいましたよ、ってな話で、あっそう、と納得する筈もない。

わが国の経済・安保の強化拡大に加え、世界の民主主義国家を主導して、専制国家と雄々しく対峙した安倍さんだからこそ、追い詰められた敵側が凶行に及んだものと確信する。

今後の捜査で中露や南北朝鮮などが絡むと判明しても、外交・軍事や治安維持上の理由で真相は公表されそうもないが、大筋まで隠蔽されるとは思えない。

いずれ、ケネディ狙撃犯のオズワルド同様、山上徹也を殺害するなど、敵側は事件を有耶無耶に誤魔化そうと画策するに違いないが、奴らの謀略に負けてはいけない。

暗殺の全貌を解明し、類似テロの再発防止に努めると共に、敵勢力の実像を炙り出し、日本国内でその手先として蠢く反日組織を全力で叩き潰さねばならない。

さもなくば、安倍さんの御霊は永遠に浮かばれず、怨霊となってしまう。仮に何も出来ぬまま、政治テロを風化させるなら、必ずや報いとしてわれわれが祟りに苦しむ。

そこでだ。反日勢力と戦う一方で、「安倍神社」創建を提案したい。暗殺で非業の死を遂げた英雄や偉人を「神」として祀るのは、伝統的な宗教心の発露でもある。


abe jinja shrine.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:22| Comment(89) | TrackBack(0) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする